Parallels Desktopの永久ライセンスを今購入すべき理由を解説

悩めるクマ
Parallels Desktopの永久ライセンスは、どのプランで購入できるの?
永久ライセンスは購入できなくなるの?

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと、Parallels Desktopの永久ライセンスについて、次の事がわかります

  • 今、永久ライセンスを購入すべき理由
  • 永久ライセンスがお勧めな方
  • 永久ライセンスの購入先は公式サイトがお得
しろくま
それでは順番に見ていきましょう。
\ 【14日間無料】全ての機能が使える!/

Parallels Desktop for Macの
ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

今、永久ライセンスを購入すべき理由

永久ライセンスを購入すべき理由を一言でお伝えするなら、

「永久ライセンスを買えなくなる(廃止する)可能性がある」

というのが大きな理由で、次の2点に注目しています。

  1. 永久ライセンスは個人プランのStandardしか購入できない
  2. 他のソフトウェアもサブスクリプションが普及している
しろくま
まずは「永久ライセンスの購入方法」についてご紹介します。

永久ライセンスは個人プランのStandardしか購入できない

Parallels Desktopでは「個人、ビジネス、学生及び教育機関」の3つのプランが用意されています。

その中でも、永久ライセンスの購入は現在、個人プランのStandard Editionに限定されています。

個人プランの場合

個人プランでは、Standard Editionのみ「一回のお支払い」を選択すると、永久ライセンスを購入できます。

個人プラン

ビジネスプランの場合

ビジネスプランでは「サブスクリプション」一択となっています。

ビジネスプラン

学生及び教育機関プランの場合

学生及び教育機関プランは、Standard Editionが用意されているものの、永久ライセンスは用意されておらず、サブスクリプションのみ購入可能です。

学生及び教育機関プラン

以上の内容から、永久ライセンスは、個人プランのStandard Editionのみ利用可能となっています。

永久ライセンスを逃したくないと考えている方は、今のうちに購入するのが良いかもしれません。

>> Parallels Desktopの永久ライセンスを購入する

他のソフトウェアもサブスクリプションが普及している

ソフトウェアに限らず、ビジネスモデルとして、サブスクリプションは普及していて、今やさまざまなサービスに展開されています。

動画配信や音楽、家具、お花、洋服、家電、食品など、身近に溢れています。

IT業界もサブスクリプションは多数用意されていて、緩やかにそして確実に移行が進んでいる印象です。

代表的なソフトウェアを挙げるとすると、Office365やAdobe Creative Cloudがイメージしやすいかと思います。

こうした世の中の流れもあって、永久ライセンスのような買い切り型を廃止して、サブスクリプションモデルに舵を切っているところは往々にしてあります。

Parallels Deskotpも今後、サブスクリプション販売のみにとなる可能性がある事を頭の片隅に置いておく方が良いかもしれません。

永久ライセンスがお勧めな方

一度購入すれば、期限の制限なく利用できる永久ライセンスは、

「コスパ良く利用したい」

「期限の制限なく利用したい」

このように考えている方に最適です。

初期費用はかかるものの、長期目線で見るとお得に利用し続けられる点は見逃せません。

Parallels Deskotpは永久ライセンス(買い切り版)とサブスクリプションを提供していますが、メリット・デメリットを徹底比較したいと考えている方は、下記記事を読むと、どちらを選ぶべきか答えを出せます。

永久ライセンスの購入先は公式サイトがお得

最もお得に永久ライセンスを購入できるのは「Parallels 公式サイト」になります。

公式サイトでは、定期的また不定期にセールを開催していたり、クーポン配布で10%オフになることもあります。

セール時期など、お得になるタイミングを確認して永久ライセンスを購入したい方は、下記記事を参考にしてみてください。(クーポンも下記記事で配布しています)

>> Parallels Desktopを安く購入できる時期・方法を解説

またParallels購入時は、Windowsライセンスも用意しておきましょう。

さいごに

今回は、Parallels Desktopの永久ライセンスについて、次のことをご紹介しました。

  • 今、永久ライセンスを購入すべき理由
  • 永久ライセンスがお勧めな方
  • 永久ライセンスの購入先は公式サイトがお得

Parallels Desktopはこれまで同様、「永久ライセンス」「サブスクリプション」どちらも販売し続けるかもしれませんし、前触れなく永久ライセンスの提供が終了し、サブスクリプションのみ提供になる可能性もあります。

永久ライセンスは、選択出来るうちに検討を進めるようにしていきましょう。

>> Parallels 公式サイトを確認する

5%OFFクーポンコード配布! Parallels Desktop19 キャンペーン」開催中!

 Standard Edition:10,400円 → 9,880円!

 Pro Edition:11,700円 → 11,115円!

 期間:2024年3月4日(月)〜2024年4月4(木)

 クーポンコード:TRD-PHS-ZYC

 対象商品:Parallels Desktop(※フルライセンス、1年間のサブスクリプションのみ対象)

 Parallels Desktopの特徴

  1. Intel・M1/M2/M3チップ搭載の最新macOSでWindowsが動く
  2. 再起動せずにMacでWindowsを実行できる
  3. MacとWindowsの行き来、ファイル共有が簡単
  4. 数分のセットアップですぐに使える
  5. 初心者でも安心の技術サポート
スポンサーリンク