【Parallels】買い切り版とサブスクリプション版、どちらを選ぶべきか解説

Mac
悩めるクマ
Parallels Desktopは、買い切り版とサブスクリプション版で何が違うの?
どちらを購入すれば良いの?

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと「Parallels Desktop」について、次のことがわかります。

  • 買い切り版とサブスクリプション版の違い・特徴
  • 買い切り版を選ぶ基準
  • サブスクリプション版を選ぶ基準
  • あなたが買い切り版、サブスクリプション版どちらを購入すれば良いか
しろくま
結論をお伝えすると、当ブログでは買い切り版をお勧めしていますが、使い方によってはサブスクリプション版がお得になるので、理由をそれぞれご紹介します。
買い切り版とサブスクリプション版、どちらを購入したら良いか迷っている方は、続きをご覧ください。
スポンサーリンク

Parallelsの買い切り版とサブスクリプション版の違い

Parallels Desktopの買い切り版とサブスクリプション版、これらの違い・特徴を表にまとめました。

買い切り版サブスクリプション
購入一度きり毎年更新
無償アップグレード×
Parallels Toolbox2,299円 / 年
Parallels Access2,000円 / 年
電話サポート×
メールサポート×

買い切り版は、一度購入したら追加費用が発生することはなく、購入したバージョンを利用し続けることが可能です。

サブスクリプション版は、最新バージョンを利用し続けられる他、「Parallels Toolbox」と「Parallels Access」を無料で使えます。

そこで、買い切り版とサブスクリプション版、あなたがどちらを選択すべきか、判断基準やポイントをこの後、丁寧に解説いたします。

買い切り版を選ぶ基準は、価格と標準機能

買い切り版を選ぶポイントは、「価格」と「標準機能」の2点です。

どちらかまたは両方を重要視している方に、買い切り版がお勧めです。

「価格」、「標準機能」それぞれのポイントをご紹介します。

買い切り版は価格を抑えられる

買い切り版が優位な点の1つとして、長期的に価格を抑えられることが挙げられます。

Parallels Desktopを新規購入する場合

買い切り版を新規購入

1年目は、買い切り版が9,818円、サブスクリプションが8,345円となり、サブスクリプションの方が1,473円安く利用できる計算です。

但し2年目以降の利用を考えると、毎年費用が発生するサブスクリプションより、一度購入するだけの買い切り版の方が、使えば使うほど得することになります。

買い切り版サブスクリプション
1年目9,818円8,345円
2年目以降8,340円

Parallels Desktop買い切り版をアップグレードする場合

買い切り版をアップグレード

買い切り版のアップグレード価格は、5,204円となります。

1年以内に買い切り版をアップグレードすることがない限り、買い切り版を購入する方がお得と言えます。

買い切り版にある機能で十分

当ブログでも、Parallels Desktopの買い切り版を利用していますが、買い切り版に備わっている機能で、不自由なくWindowsを快適に使えています。

サブスクリプション版との機能的な違いは、次の2点です。

  • Parallels Toolbox:Mac、Windows向けの30以上のツールを同梱
  • Parallels Access:外出先からスマートフォンでリモートアクセス可能

尚、買い切り版で上記機能を利用したい場合、それぞれ単発契約可能です。

利用する必要のない方が大半だと思うので、買い切り版を利用した上で判断していけば良いと思います。

サブスクリプション版を選ぶ基準は、オプション機能とサポート体制

Parallelsのサブスクリプション

サブスクリプション版を選ぶポイントは、「オプション機能」「サポート体制」です。

どちらかまたは両方を重要視している方に、サブスクリプション版がお勧めです。

「オプション機能」、「サポート体制」それぞれのポイントをご紹介します。

サブスクリプション版はオプション機能が充実

Parallels Access

ここでいうオプション機能とは、標準機能に備わっていない、下記2点の機能となります。

  • Parallels Toolbox:Mac、Windows向けの30以上のツールを同梱
  • Parallels Access:外出先からスマートフォンでリモートアクセス可能

また、買い切り版で上記2点の機能を利用する場合、年間4,299円の追加費用が発生します。

買い切り版サブスクリプション
Parallels Toolbox2,299円 / 年
Parallels Access2,000円 / 年

サブスクリプション版では、上記2点の機能がプランに組み込まれているので、利用を想定している方はサブスクリプション版を検討しましょう。

サポート体制で選ぶならサブスクリプション版

サブスクリプション版では、必要に応じてバージョンアップを選択できる他、電話・メールなどサポート体制が整っています。

買い切り版サブスクリプション
バージョン購入時のバージョンのみ利用可能最新バージョンの利用が可能
無償アップグレード×
電話サポート×
メールサポート×

製品を最新の状態で利用したい、購入後のトラブル対応、質問や問合せなど手厚いサポートを受けたい、と考えている方にはサブスクリプションがお勧めです。

さいごに:14日間の無料トライアルで見極める

今回は「Parallels Desktop」について、次のことをご紹介しました。

  • 買い切り版とサブスクリプション版の違い・特徴
  • 買い切り版を選ぶ基準
  • サブスクリプション版を選ぶ基準
  • あなたが買い切り版、サブスクリプション版どちらを購入すれば良いか

Parallels Desktopでは、「全ての機能を14日間体験できる」トライアル版を公式サイトからダウンロード可能です。

全ての機能を試せる環境で、買い切り版、サブスクリプション版を選択すれば、理想的な状態で製品を使い始めることができます。

Parallels Desktopのダウンロードやインストール方法、初期設定については、下記記事へお進みください。

スポンサーリンク