【Mac】Time Machineの使い方|バックアップ・復元手順を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩めるクマ
Macのバックアップを簡単に取りたい
Time Machine(タイムマシン)の使い方を知りたい

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと「MacのTime Machine(タイムマシン)」について、次の事がわかります。

  • Time Machine(タイムマシン)の特徴や機能
  • Time Machine(タイムマシン)利用前の準備
  • Time Machine(タイムマシン)の使い方
    • Time Machineでバックアップを取る方法
    • Time Machineでファイルを復元する手順
しろくま
それでは、順番に解説していきます。
目次

Time Machine(タイムマシン)とは

Time Machine(タイムマシン)とは、Macに標準搭載されたバックアップツールのことです。

Time Machineを利用することで、スケジュール通りにMac内のデータやアプリケーションをバックアップしたり、バックアップしたデータからファイルやフォルダの復元、またシステム全体の復元を簡単に行えます。

直感的に使いやすく、無料で利用できるので、Macユーザーにお勧めです。

Time Machine(タイムマシン)利用前の準備

Time Machineで外付けHDD/SSDを利用する場合、以下いずれかの形式でフォーマットが必要になります。

  • Mac OS Extended (HFS+)
  • APFS
  • ExFAT

新たに外付けHDD/SSDを購入する場合は、高速にデータ転送でき、十分な容量を確保できる下記製品がお勧めです。(当ブログでも使用)

Time Machine(タイムマシン)の使い方・機能

Time Machineの使い方・機能について、次の2点をご紹介します。

  1. Time Machineでバックアップを取る方法
  2. Time Machineでファイルを復元する手順

(1)Time Machineでバックアップを取る方法

Time Machineを利用するには、外付けHDD/SSDをMacに接続した状態で、次の操作を行います。

Appleメニューの[システム環境設定…]をクリックします。

システム環境設定

[Time Machine]をクリックします。

Time Machine

[バックアップディスクを選択]をクリックします。

バックアップディスク選択

対象のバックアップ用ストレージを選択し、[ディスクを使用]をクリックします。

ディスクを使用

ディスク初期化の表示が出たら[消去]をクリックします。(ASPF形式にフォーマットされます)

ディスク消去

初回のバックアップが自動的で始まります。

Time Machine初回バックアップ

以下のような表示になると、初回バックアップ完了となり、次回以降も自動でバックアップを取得できます。

Time Machineバックアップ完了

(2)Time Machineでファイルを復元する手順

Time Machineで取得したバックアップから、ファイルやフォルダを復元する手順を紹介します。

メニューバーのTime Machineアイコンを選択して、[Time Machineに入る]をクリックします。

Time Machineに入る

(1)矢印やタイムラインを使って復元したい時間に遡った後、(2)[復元したい項目] → (3)[復元データ] → (4)[復元]の順にクリックします。

復元データの選択

復元した項目は、元の場所(デスクトップにあった場合はデスクトップ)に戻ります。

Time Machineのバックアップから、データを復元する方法は以上です。

さいごに:MacのバックアップはTime Machineを使おう

今回は、MacのTime Machine(タイムマシン)について、次の事をご紹介しました。

  • Time Machine(タイムマシン)の特徴や機能
  • Time Machine(タイムマシン)利用前の準備
  • Time Machine(タイムマシン)の使い方
    • Time Machineでバックアップを取る方法
    • Time Machineでファイルを復元する手順

Time Machineは、バックアップは勿論、データの復元も簡単に行える優れたツールです。

「削除してしまったデータを取り戻したい」

「過去のデータを元に戻したい」

「日々のバックアップを自動で取得したい」

このように考えておられる方は、Time Machineでバックアップを行い、安心してMacが利用できる環境を整えておきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次