Parallels Desktopのインストールと初期設定まとめ

Mac
悩めるクマ
Parallels Desktopのインストールに何が必要?
インストール後の初期設定は何をしたら良いの?

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと「Parallels Desktop」について、次のことがわかります。

  • Parallels Desktopの動作環境
  • Parallels Desktopの利用に必要なもの
  • Parallels Desktopのインストール方法
  • Parallels Desktopインストール後の初期設定
しろくま
順番通り進めるだけで、インストールから初期設定まで完了できるよう、23枚の画像で詳しく解説しています。
それでは、順番にご紹介します。
当記事では「Parallels Desktop 17 for Mac」を対象にご紹介しています
スポンサーリンク

Parallels Desktopの動作環境について

Parallels Desktopの動作環境は、次の通りです。

最小要件
(Officeなど一般的なアプリケーションを実行)
ベストパフォーマンス
(高度なグラフィック機能、複数仮想マシンの実行)
OSmacOS Monterey 12.0.1 以降
macOS Big Sur 11.6 以降
macOS Catalina 10.15.7 以降
macOS Mojave 10.14.6 以降
macOS High Sierra 10.13.6 以降
macOS Monterey 12.0.1 以降
macOS Big Sur 11.6 以降
DirectX 11 の最小動作要件は macOS Mojave 10.14 ですが、macOS 10.15 Catalina 以降で最適に動作します。
CPUApple M1、M1 Pro、M1 Max チップ、Intel Core i3、Core i5、Core i7、Core i9、Intel Core M または Xeon プロセッサーApple M1、M1 Pro、M1 Max チップ、Intel Core i5、Core i7、Core i9 または Xeon プロセッサー
メモリ4GB以上16GB以上
ストレージParallels Desktop アプリケーションのインストール用に 600 MBSSDドライブ
グラフィックApple M1、M1 Pro、M1 Max チップ、Intel、AMD Radeon、NVIDIAApple M1、M1 Pro、M1 Max チップ、AMD Radeon Pro
しろくま
Macのシステム情報は、Appleメニューの[] → [このMacについて]の順に選択で確認できます。

Parallels Desktopの利用に必要なもの

Parallels Desktopの利用に必要な物は、次の3点です。

  1. Mac
  2. Parallels Desktop for Mac
  3. WindowsOSのライセンスキー

①Mac

Parallels Desktop 17 for Macのバージョンから、M1プロセッサー搭載Macに完全対応しています。

利用中のMacが動作環境を満たしているかは、前述の[Parallels Desktopの動作環境について]を確認ください。

②Parallels Desktop for Mac

Parallels Desktop for Macは、「全ての機能を14日間体験できる」トライアル版を公式サイトからダウンロード可能です。

購入後も「30日間 返金保証」があるので、安心して利用できます。

ダウンロードやインストール方法については、この後ご紹介します。

③WindowsOSのライセンスキー

WindowsOSのライセンスキーは、Parallels Desktopインストール後、ライセンス認証の際に必要となります。

Amazonなどで、下記のようなDSP版であれば比較的安価に購入できます。

Parallels Desktopのインストール方法

今回は「Parallels Desktop for Mac」のトライアル版をインストールします。

まず【Parallels公式サイト】に移ります。

[無償トライアル版をダウンロード]をクリックします。

Parallels Desktopの無償トライアル版
[ダウンロード]をクリックします。

Parallels Desktopの無償トライアル版をダウンロード

ダウンロードした[Install Parallels Desktop.dmg]を実行します。

Install Parallels Desktop.dmg
[Parallels Desktopのインストール]を実行します。

Parallels Desktopのインストール
[開く]をクリックします。

Parallels Desktopを開く

デスクトップフォルダ内のファイルアクセスは、[OK]をクリックします。

Parallels Desktopのインストーラーファイルアクセス

ソフトウェア使用許諾契約書で、[同意する]をクリックします。

Parallels Desktopの使用許諾契約書

インストールに管理者権限が必要となるので、ID・パスワードを入力します。

Parallels Desktopインストール時のID・PW

Parallels Desktopの権限設定画面は、[次へ]をクリックします。

Parallels Desktopの権限設定

「デスクトップ、書類、ダウンロード」など、ファイルアクセスを許可するか決めます。

Parallels Desktopのファイルアクセス許可

ファイルアクセスを許可した内容を確認後、[完了]をクリックします。

Parallels Desktopの権限許可一覧

Windows10のインストールアシスタントが表示されるので、[Windowsのインストール]をクリックします。

Parallels DesktopでWindowsをインストール

ダウンロードが完了するまで待機します。

Parallels DesktopでWindows10をダウンロード

ダウンロード後、カメラやマイクのアクセス許可を決めます。

Parallels Desktopのカメラ・マイクアクセス

Windowsのセットアップが始まるので、インストールを待ちます。

Parallels DesktopでWindowsセットアップ

Windows10のインストールは以上で完了です。

Parallels DesktopでWindows10のインストール完了

トライアル版であれば、インストール後14日間全ての機能を無料で使えます。

Parallels Desktopインストール後の初期設定

Parallels Desktopインストール後の初期設定として、Parallelsのアカウント作成が必要となります。

Parallelsアカウントの作成は、次の2種類から選択できます。

  • 新規ユーザー登録
  • サインインオプション(Apple / Facebook / Google)の利用

今回は、サインインオプションの「Apple経由でのサインイン」を使って、アカウント作成を進めます。

Parallels Desktopのサインイン

まず、AppleIDとパスワードの入力を行います。

AppleIDでParallels Desktopにサインイン

2段階認証のコードを入力します。

AppleIDの2段階認証

ブラウザを「信頼する」をクリックします。

信頼できるブラウザとして登録

Apple IDを使ったサインインを続けるので、[続ける]をクリックします。

Appleでサインインを続ける
[メールを共有]または[メールを非公開]にチェックして、[続ける]をクリックします。

AppleIDでParallels Desktopのアカウントを作成

Windows10を起動できたら、初期設定は完了となります。

Parallels DesktopでWindows10を起動

インストール・初期設定後は、下記記事で使い方や便利機能を確認しておきましょう。

さいごに

今回は「Parallels Desktop」について、次のことをご紹介しました。

  • Parallels Desktopの動作環境
  • Parallels Desktopの利用に必要なもの
  • Parallels Desktopのインストール方法
  • Parallels Desktopインストール後の初期設定

無料期間内に全ての機能を利用できるParallels Desktopなら、

  • Parallels Desktopの動作確認
  • WindowsOS・アプリのテスト

など、製品購入前に様々な検証が可能です。

「MacでWindowsを動かしたい」と考えておられる方は、トライアル版を試してみてはいかがでしょうか。

Parallels Desktop 17 for Mac 早期ゴールデンウィークプロモーション」開催中!

 期間限定価格:25%OFF(クーポンコード:SAVE25)

 期間:〜4月28日

 Parallels Desktop 17 for Macの特徴

  1. Intel・M1チップ搭載のMacでWindowsが動く
  2. 再起動せずにMacでWindowsを実行できる
  3. MacとWindowsの行き来、ファイル共有が簡単
  4. 数分のセットアップですぐに使える
  5. 初心者でも安心の技術サポート

\2週間お試し無料/
Parallels Desktop for Macの
キャンペーン詳細はこちら

スポンサーリンク