EaseUS Todo PCTransの使い方、無料版・有料版の違いを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回の記事は、イーザスソフトウェア社様より、「EaseUS Todo PCTrans」の製品提供を受けてレビューを掲載しております。
ユーザー視点で、製品の使用感や意見を載せていますので、製品を選定される皆様の一助になれば幸いです。

目次

EaseUS Todo PCTransとは?

EaseUS Todo PCTransとは、Windowsのデータやアプリを簡単に「引っ越し」できるソフトウェアとなります。

EaseUS Todo PCTransは、次の方にお勧めのソフトです。

  • 古いPCのデータやアプリーションを新しいPCに移行したい
  • 起動しないPCからデータを取り出したい
  • イメージバックアップを取得したい
  • アプリケーションを別パーティションやディスクに移行したい
  • システムファイルを整理したい
  • 大容量ファイルやフォルダを整理したい
しろくま

EaseUS Todo PCTransを利用すれば、これらの機能を利用できます。(※有料機能も一部含む)
まずは、インストールの手順から説明します。

EaseUS Todo PCTransのインストール手順について

まず、公式サイトへアクセスし、EaseUS Todo PCTransをダウンロードします。

「EaseUS Todo PCTrans」をダウンロードする

[無料ダウンロード]をクリックして、ファイルをダウンロードします。

EaseUS Todo PCTrans無料ダウンロード

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックします。

EaseUS Todo PCTrans Freeのインストーラー

[今すぐインストール]をクリックします。

EaseUS Todo PCTrans Freeを今すぐインストールする

インストールが始まるので、少しの間待ちます。

EaseUS Todo PCTrans Freeインストール中

インストール完了メッセージが表示されたら、[今すぐ始める]をクリックします。

EaseUS Todo PCTrans Freeを今すぐ始める

EaseUS Todo PCTransを起動できました。

EaseUS Todo PCTrans Free起動画面

EaseUS Todo PCTransのインストールは以上です。

有料版購入後にライセンスを適用する方法

有料版を購入した方は、次の手順でライセンスコードを適用します。

画面右上の[アップグレード]をクリックします。

アップグレード

[ライセンスを入力]をクリックします。

ライセンスを入力

ライセンスコードを入力後、[認証]をクリックします。

認証

アップグレード完了の画面が出たら、ライセンスの適用は完了です。

アップグレード完了

元の画面に戻ると、購入したライセンスが適用されていることを確認できます。

Proライセンス適用済み

EaseUS Todo PCTransの使い方を確認する

EaseUS Todo PCTransの使い方として、今回は次の2点の機能をご紹介します。

  1. PCからPCへ(ネットワーク経由で引っ越し)
  2. バックアップと復元(イメージバックアップを取得)

使い道の違いとして、2台のPC(転送元・転送先)がネットワークで繋がっている場合は「PCからPCへ」、ネットワークで繋がっていない場合は「バックアップと復元」機能を利用すると思って頂ければ結構です。

まずは「PCからPCへ」の使い方や機能、引っ越し手順をご紹介します。

①PCからPCへ(ネットワーク経由で引っ越し)

「PCからPCへ」の機能は、ネットワーク経由で古いPCから新しいPCへ、直接データ転送する仕組みとなっています。

今回は、次の環境下でデータ転送を試しています。

  • 転送元(古いPC):Windows10(LenovoPC)、IPアドレス:192.xxx.xxxx.13
  • 転送先(新しいPC):Windows10(※Parallels Desktop)、IPアドレス:192.xxx.xxx.14

Parallels Desktopとは、Mac内でWindowsを動かすソフトです

Windows10PCから、Mac内のWindows10環境に向けて引っ越す、という特殊な形ですが、「Windows10→Windows10へ引っ越しする」と思って頂ければ問題ありません。

それでは、PCの引っ越しを始めます。

作業前に、転送元・転送先の2台のPCに「EaseUS Todo PCTrans」をインストールしましょう

転送元・転送先のどちら側で操作しても問題なさそうですが、ここからは転送元(LenovoPC)で操作を始めていきます。

まずは、転送元・転送先の両方で「EaseUS Todo PCTrans」を起動しておきます。

今回は、ネットワーク経由でPCの引っ越しを行うので、[PCからPCへ] → [スタート]の順にクリックします。

PCからPCへをスタート

[古いPC(転送元)]をクリックします。

古いPC(転送元)を選択

PCの検索が始まった後、転送先となる接続先が現れるので[接続する]をクリックします。

転送先と接続する

新旧のPCで分析が始まるので待機します。

古いPCと新しいPCを分析中

[アプリケーション]では、転送したいアプリケーションを左側のチェックボックスから選択します。

転送アプリケーションを選択

尚、対応欄で「Pro」となっているアプリケーションは、有料版を契約することで転送可能になります。

[ファイル]では、転送したいドキュメント、写真、動画、音楽データを選択できます。

転送ファイルを選択

[アカウント]では、転送したいアカウントや設定情報を選択できます。

転送したいアカウントを選択

転送したいデータを選べたら、画面右上の[転送]ボタンをクリックして、転送を開始します。

選択したデータの転送(引っ越し)が始まるので、暫く待機します。(※今回はアプリ2つと、ファイル1点を転送します)

データ転送中

アプリケーション2つと、ファイル1点の転送が完了しました。

続いて転送先の画面を確認すると、転送完了メッセージが表示されていたので、[再起動]をクリックします。

再起動後に確認すると、転送したアプリケーション2つと、ファイル1点を確認できました。

引っ越し後のPC

今回は、無料の範囲でアプリケーションやファイル転送を行いましたが、スムーズに引っ越しを完了できました。

通常、PCの引っ越しは、アプリケーションの再インストールや、データの退避・バックアップなど、手間や面倒な作業が多く発生します。

EaseUS Todo PCTransを利用すれば、アプリケーションやデータを選択するだけの簡単操作で、PCの引っ越しを実現できます。

また、Parallels Desktopを転送先(引っ越し先)としても問題なく転送できたので、仮想環境へのデータ移行にも重宝することがお分かり頂けたと思います。

②バックアップと復元(イメージバックアップを取得)

「バックアップと復元」の機能は、アプリケーション・ファイル・アカウントを一つのイメージファイルとして保存する仕組みとなっています。

ある時点の状態を保存できるので、WindowsUpdate適用前や、アプリケーションのバージョンアップ前などに、バックアップを取ることで、いざという時、バックアップした状態に戻す(復元する)ことが可能になります。

それでは、「バックアップと復元」の使い方を確認していきます。

バックアップの使い方

バックアップしたいPCで、[バックアップと復元] → [スタート]の順にクリックします。

バックアップと復元をスタート

[データバックアップ]が選ばれている状態で、[次へ]をクリックします。

データバックアップ

[バックアップファイル名]を入力して、[確認する]をクリックします。

バックアップファイル名

今回は、19のアプリケーション(4.97GB)と、5,384のファイル(約0.19GB)、合計5.16GBのイメージファイルを作成します。(有料版を使用の為、アプリケーション及びファイルに制限がありません)

バックアップ開始

「バックアップファイル名.PCT」のイメージファイルが作成されるまで待機します。

イメージファイル作成

10分程で約9.4GBのデータをバックアップできました。

バックアップ完了

「バックアップファイル名.PCT」のファイルが、バックアップしたイメージファイルになります。(復元時はこのファイルを使用します)

PCTファイル

尚、「バックアップと復元」を利用する際は、次の理由から、外付けHDD/SSDの用意をお勧めします。

  • イメージファイルはファイルサイズが大きくなりがち
  • 定期的なバックアップが予想される為
  • ネットワークに繋がっていない環境下で、復元を利用するシーンがある為
  • デスクトップの空き容量を確保する為

持ち運びや書き込み速度、容量を考慮して下記のようなディスクを用意しておきましょう。

復元の使い方

復元には、バックアップデータ(○○○.pst)が必要となります。
バックアップがまだの方は1つ前の章「バックアップの使い方」を参考にして、バックアップデータ(○○○.pst)を取得してから、続きをご覧ください。

復元したいPCで、[バックアップと復元] → [スタート]の順にクリックします。

バックアップと復元

[データの復元]が選ばれている状態で、[次へ]をクリックします。

データの復元

復元したいバックアップファイルの[復元]ボタンをクリックします。

バックアップファイルから復元

復元したいアプリケーションやファイルを選択して、[復元]をクリックします。

復元データを選択

バックアップファイルから、PCにデータを復元している間は待機します。

データ復元中

復元が完了したので、復元先であるデスクトップを確認してみます。

復元データを確認できました。

ネットワーク経由で転送が難しい時は、「バックアップと復元」機能を利用して、必要なアプリケーションやファイルを管理・展開しましょう。

EaseUS Todo PCTransの動作環境

EaseUS Todo PCTransでおさえておきたい、動作環境を3点まとめました。

  1. 対応OSについて
  2. 対応アプリケーションについて
  3. 転送時の注意点について
しろくま

順番に解説していきます。

①対応OSについて

EaseUS Todo PCTransの対応OSは、WindowsのみでMacは利用不可となります。

WindowsMac
対応OS×
対応バージョンWindows11/10/8.1/8/7/Vista/XP
Windows Server 2003-2019

Windowsであれば、WindowsXPから最新バージョンまでサポートしているので、幅広く利用できます。

くろくま

Mac対応は、今後に期待だね!

②対応アプリケーションについて

アプリケーションの移行については、次の製品をサポートしています。

  • Microsoft Office
  • Google Chrome
  • WinRAR
  • Line
  • Spotify
  • Adobe Reader XI
  • Adobe Photoshop Lightroom
  • Adobe Acrobat Reader
  • AutoCAD
  • Thunderbird
  • iTunes
  • Dropbox
  • Skype など

全てを確認できたわけではありませんが、有名どころのアプリケーションはサポートされていると考えて良いと思います。

上記以外のアプリケーションもサポートしていますが、いずれにしても、アプリケーション移行後は、移行先のPCで動作確認を必ず行うようにしましょう。

移行先でアプリケーションが上手く動作しない場合は、再インストール等を試してみましょう。

③転送時の注意点について

EaseUS Todo PCTransは基本的に、PC間でデータを転送しながら引っ越します。

転送時は下記3点について、注意が必要です。

  1. 転送先のPCは、転送元より新しいまたは同等のOSを搭載する
  2. 転送元と転送先の2台に製品をインストールする
  3. 転送中はPCのバッテリーやスリープ設定に注意

①転送先のPCは、転送元より新しいまたは同等のOSを搭載する

例えば、下記のような関係である場合、PCの引っ越しはできません。

【NGのパターン】転送元:Windows10 → 転送先:Windows7

転送先より転送元のバージョンが新しい場合は移行できない、と覚えておきましょう。

PCの引っ越しは下記の通り、OSのバージョンが同じか、転送先のバージョンが新しくある必要があります。

【OKのパターン】転送元:Windows10 → 転送先:Windows10
【OKのパターン】転送元:Windows10 → 転送先:Windows11

その他、EaseUS Todo PCTransでは、以下の転送をサポートしています。

  • 32 bitから64 bitまでの引越し
  • Windows 11/10からWindows 11/10までの引越し
  • Windows 8.1からWindows 8.1/10までの引越し
  • Windows 8からWindows 8/8.1/10までの引越し
  • Windows 7からWindows 7/8/8.1/10までの引越し
  • Windows XPからWindows XP/Vista/7/8/8.1/10までの引越し
  • Windows VistaからWindows Vista/7/8 /8.1/10までの引越し

転送元、転送先のOSを確認してから、PCの引っ越しを行いましょう。

②転送元と転送先の2台に製品をインストールする

転送元と転送先の2台のPCに、同一バージョンのEaseUS Todo PCTransをインストールしましょう。

同じ製品でもバージョン違いの製品を動作させると、トラブルの元となり得ます。

特別な理由がない限りは、同一バージョンの製品を利用してPC引っ越しを行いましょう。

③転送中はPCのバッテリーやスリープ時間に注意

ネットワーク経由でデータ転送してPCを引っ越す場合、転送が切断されないよう注意が必要です。

具体的には次のような対策を行います。

  • ノートPCの場合は電源を接続しておく
  • 転送時間が長くなることを考慮して、PCのスリープ時間を伸ばす
  • アプリケーション・ファイルを終了した状態で転送を始める

転送途中で失敗すると、「PCが起動しない」「ファイルが壊れている」など、障害やトラブルを引き起こすこともあります。

PC引っ越しを成功させる為にも、各種設定には注意を払いましょう。

EaseUS Todo PCTrans無料版・有料版の違い

EaseUS Todo PCTransには、無料版と有料版が用意されています。

今回は、無料版と有料版の「機能」「価格」の違いを比較してみました。

機能比較

FreeProTechnician
ネットワークまたはイメージファイル経由でデータやアプリを移行
データ転送量2GB以内制限なし制限なし
アプリケーション転送5個以内制限なし制限なし
ローカルディスク間で、アプリ・データの移行
ユーザーアカウントの転送
アプリを外付けHDDに転送×
故障PCのデータレスキュー×
パソコン間のデータ転送×
Windows Serverでの動作×
外部へのデータ転送×

価格比較

EaseUS Todo PCTransは無料版の他に、有料版で2つのラインナップが用意されています。

FreeProTechnician
通常価格無料3,980円〜39,800円〜
利用期間無期限1ヶ月/1年/無期限1年/2年/無期限
利用台数1台2台複数
返金保証30日30日
カスタマーサポート
(メール / チャット)
24時間24時間

有料で利用するなら「Pro」が最適です。

尚、下記のようにセールも開催されているので、「公式サイト」のチェックをおすすめします。

EaseUS Todo PCTrans Freeセール

さいごに:EaseUS Todo PCTransの総評

くろくま

EaseUS Todo PCTransは、簡単なステップで引っ越したいアプリケーションやファイルを操作・確認できるから、便利なのはもちろん、使い勝手も良いね!

しろくま

WindowsOSを幅広くサポートしている点も、嬉しいポイントです。
またネットワーク経由で引っ越しできないPCに対して、イメージファイルを取得・展開できる「バックアップと復元」機能も、PC引っ越し以外の用途もある点を見逃せません。
シンプルながらも痒いところに手が届く「EaseUS Todo PCTrans」は、PC乗り換え時の強い味方になってくれるソフトではないでしょうか。

「EaseUS Todo PCTrans」をダウンロードする

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次