【初心者】ロリポップ+ムームードメインでWordPressを始める方法

 
くろくま
WordPress(ワードプレス)っていうのを使って、ブログを始めてみたいんだけど、何から始めればいいのかな。
 
しろくま
まずはレンタルサーバーの契約から進めてみましょう。
初めてなら、安くて導入も簡単な「ロリポップ!」がお勧めです。
スポンサーリンク

ロリポップ!でレンタルサーバーを契約する

ロリポップのサイトにアクセスして、「まずは無料の10日間ではじめよう」を選択します。

ロリポップのトップページ

ロリポップ!のプランを選択します。

WordPressは、ライトプラン以上から利用できるので、ここではライトプランを選択します。

ロリポップのプラン一覧

(1)ロリポップ!の初期ドメイン(アカウント)、(2)パスワード、(3)連絡先メールアドレスを入力してから「規約に同意して本人確認へ」を選択します。

ロリポップ!の登録

SMS認証を行うので、電話番号を入力して「認証コードを送信する」を選択します。

電話番号を入力してSMS認証を行う

携帯電話に届いた4桁の認証コードを入力して「認証する」を選択します。

携帯電話に届いた4桁の認証コードを入力

SMS認証後に、赤枠で囲った契約種別、名前、住所など、申し込み内容を入力して、「お申込み内容確認」を選択します。

ロリポップ!の申し込み内容を入力

申し込み内容を確認して「無料お試し開始」を選択します。

ロリポップ!の申し込み内容を確認

申し込みを完了できました。

「ユーザー専用ページにログインする」を選択して、ロリポップの画面に移りましょう。

ロリポップ!の申し込み完了

ロリポップの管理画面にログインできました。今回はこのまま契約手続きに進むので「ご契約手続きへ進む」を選択します。

ロリポップ管理画面のトップページ

「お支払い」を選択します。

ロリポップ!の契約更新、自動更新設定画面

料金プラン、契約期間、支払方法を確認して「契約を確定する」を選択します。(支払方法は、クレジット決済、コンビニ決済、おさいぽ!、銀行振込があります)

契約内容、クーポン、オプション選択

契約内容を確認して「実行する」を選択します。

契約内容の確認画面

支払方法はクレジット決済としていたので、クレジットカード情報を入力して「送信」を選択します。

クレジットカード決済情報の入力画面

クレジット決済を完了できました。

クレジット決済完了画面
 
しろくま
ちなみに、お試し期間が残っている場合、お試し期間経過後の翌日が契約開始日となります。すぐに支払手続きを行なってもお試し期間が無駄になる事がありませんよ。

ムームードメインで独自ドメインを取得する

 
くろくま
ところで「独自ドメイン」てなんだっけ?
 
 
しろくま
独自ドメインを利用すると、ホームページのURLに自分の好きな文字列を使う事が出来ます。
当ホームページ、しろくまフォルダのURLは「https://shirokuma-foruder.com」ですが、「shirokuma-folder.com」の部分が独自ドメインにあたります。
 
くろくま
どうやったら僕も「独自ドメイン」を使えるのかな?
 
しろくま
ムームードメインで独自ドメインを契約できるので、契約の流れをみてみましょう。

ムームードメインのサイトにアクセスし、(1)取得したいドメイン名を入力して(2)検索します。

ドメイン名を検索

今回は「.com」のドメインを取得するので、「shirokuma-folder.com」をカートに追加します。

検索したドメインの一覧

「お申し込みへ」を選択します。

カートに追加されたドメインの申し込み

ムームードメインのIDを持っていないので、「新規登録する」を選択します。

ムームードメインのログイン画面

新規ユーザー登録の画面で(1)「ムームーID(メールアドレス)」(2)「パスワード」を入力し、「利用規約に同意して本人確認へ」を選択します。

ムームードメインで新規ユーザー登録

今回は、SMS認証で本人確認を行うので(1)「SMS(ショートメッセージ)」を選択し、(2)電話番号を入力してから「認証コードを送信する」を選択します。

SMS認証の手続き

携帯電話に届いた4桁の認証コードを入力し、「本人確認をして登録する」を選択します。

ムームードメインで認証コードの入力

ドメイン設定を次の通り行います。

ムームードメインでWHOIS情報、ネームサーバ設定
(1)WHOIS公開情報とは、ドメインの登録情報(ここでは shirokuma-folder.com)として「登録者名、住所、電話番号、メールアドレス」を公開することが義務付けられています。
 
しろくま
個人情報を開示したくない場合「弊社の情報を代理公開する」を選択しておくことで、ムームードメインの情報が代わりに公開されます。
(2)ネームサーバー(DNS)=Domain Name Systemの略。IPアドレスをドメイン名に置き換えるシステムを指します。
 
しろくま
「160.86.145.208」といったIPアドレスを「shirokuma-folder.com」に置き換えてくれる仕組みです。今回、レンタルサーバーをロリポップ!で契約したのでネームサーバを「ロリポップ!」としています。
 
くろくま
数字の羅列じゃコンピューターしか覚えられないから、人が覚えやすいようにDNSという仕組みで名前解決を行なっているんだね。

オプションサービスやムームーメールの入力は飛ばし、ドメインの契約年数、支払情報を入力して「次のステップへ」を選択します。(支払方法には「クレジットカード決済、おさいぽ!決済、コンビニ決済、銀行振込、Amazon Pay」があります)

ムームードメインの契約年数、支払方法を選択

先程登録したムームーIDのパスワードを入力し「ログイン」を選択します。

ムームードメインのログインパスワードを入力

連携サービスとして、ロリポップ!が紹介されていますが、契約が済んでいるので、「次のステップへ」を選択します。

ムームードメインの連携サービス紹介画面

必須項目となっているユーザー情報を入力して「次のステップへ」を選択します。

お客様情報で必須項目を入力して「次のステップへ」を選択

ドメイン設定、支払内容の内容を確認します。

独自ドメイン取得前の登録情報確認

ユーザー情報も確認し「下記の規約に同意します」にチェックを入れ、「取得する」を選択します。

独自ドメイン取得に関して、利用規約の同意にチェック

独自ドメイン(shirokuma-folder.com)の取得が完了しました。

「コントロールパネルへ」を選択して、ドメインが取得できているか確認します。

独自ドメイン契約完了

独自ドメインが取得できていることを確認できました。

独自ドメイン取得状況の確認

続いて、ロリポップ!の管理画面に戻って、独自ドメインの設定を反映させましょう。

ロリポップ!に独自ドメインを反映する

ロリポップ!の管理画面から「サーバーの管理・設定」→「独自ドメイン設定」→ステップ2.「独自ドメインをロリポップ!に設定する」→「設定する独自ドメイン」のURLに取得した独自ドメイン(例:shirokuma-folder.com)を入力します。

ロリポップで独自ドメイン設定を入力

設定する独自ドメインを確認して「設定」を選択します。(公開(アップロード)フォルダは後からでも変更が可能です)

ロリポップで独自ドメインの設定を反映

ドメイン設定が反映されるまで待ちましょう。

ロリポップで独自ドメインの登録手続き完了

ドメイン情報の認証手続きを行う

ムームードメインから登録メールアドレス宛に、次のようなメールが届くのでURLを選択して、対応期日までにドメイン情報の認証手続きを済ませましょう。

ドメイン情報認証手続きURLを選択

URLのサイトにアクセスすると、メールアドレスの有効性を確認できた内容のページが表示されます。

ドメイン情報認証手続きによる、メールアドレスの有効性確認画面

メールアドレスを新規作成する

 
しろくま
この後、WordPressの設定を行うにあたり、メールアドレスが必要となります。せっかくなので「sample@shirokuma-folder.com」のように、独自ドメインを利用したメールアドレスを作成してみましょう。

ロリポップの管理画面から「メール」→「メール設定/ロリポップ!webメーラー」を選択します。

ロリポップ!の管理画面で「メール設定/ロリポップ!webメーラー」を選択

既に「info@xxx.com」のようなメールアドレスが2通出来ていますが、今回は新規でアドレスを取得するので「新規作成」を選択します。

ロリポップ!メール新規作成

メールアドレスの「@」より前の部分に(1)アカウント名、「@」の後は(2)独自ドメインを選択し、(3)パスワードを入力して「作成」を選択します。

ロリポップで新規メールアドレス設定

作成するメールアドレスを確認して「作成」を選択します。

ロリポップで作成するメールアドレスの確認

ロリポップ!でメールアドレスを作成できました。

ロリポップでメールアドレスの作成完了

WordPressをインストールする

 
しろくま
準備も整ったで、次はWordPressをインストールしてみましょう。
 
くろくま
インストールって複雑で難しそう…大丈夫かな?
 
しろくま
ロリポップ!では簡単にWordPressをインストールできる機能が備わっています。確認してみましょう。

ロリポップ!の管理画面にアクセスし、「サイト作成ツール」→「WordPress簡単インストール」を選択します。

ロリポップ!の管理画面で「WordPress簡単インストール」を選択

WordPressのインストール設定を行います。

ロリポップ!でWordPressのインストール設定

(1)サイトURL:独自ドメインの情報が表示されていることを確認します
(2)利用データベース ※1:データベース名にこだわりがなければ「新規自動作成」とします
(3)サイトのタイトル:ブログやホームページのタイトルを入力します
(4)ユーザー名:WordPressへログインする為のユーザー名を入力します
(5)パスワード:WordPressへログインする為のパスワードを入力します
(6)パスワード(確認):(5)と同じ内容を入力します
(7)メールアドレス:WordPressに設定するメールアドレスを入力します
(8)プライバシー ※2:チェックボックスがオンであることを確認します

※1 データベース名を自分で決めたい場合は、予め次の手順でデータベースを作成しておく必要があります。ロリポップの管理画面で「サーバーの管理・設定」→「データベース」→「データベース作成」から、データベース名を設定できます。
※2 サイト全体を非公開にしたい場合、チェックを外します。

設定内容を確認してから「承諾する」にチェックを入れ、「インストール」」を選択します。

ロリポップ!でWordPressインストール確認
利用データベース、データベースパスワード、WordPressのユーザ名、WordPressのパスワードは、メモやスクリーンショットをして控えておくことをお勧めします。

「WordPress簡単インストール」が自動的に完了しましたら、管理者ページURLからWordPressにログインしてみましょう。

ロリポップ!でWordPressインストール完了

WordPressのユーザー名、パスワードを入力して「ログイン」を選択します。

WordPressのログイン画面

WordPressにログインできました。

サイト名を選択して、サイトを確認してみましょう。

WordPressのダッシュボード

無事、サイトが表示できました!(WordPressのテーマ「Twenty Nineteen」が最初に適用されていると、下図のような見た目で表示されます)

WordPress Hello Worldの表示

独自SSL証明書( https://~)を導入する

 
しろくま
自分自身やサイト訪問者の情報保護の為にも、SSL(※)設定は必ず行いましょう。
※SSL(=Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で送受信するデータを暗号化する技術です

ロリポップ管理画面から「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」→「SSL保護されていないドメイン」→「対象のドメインにチェック」→「独自SSL(無料)を設定する」を選択します。

ロリポップ!で独自SSLを設定

設定直後は「SSL設定作業中」と表示されています。

ロリポップ!でSSL設定作業中

SSL設定が完了した場合は「SSLで保護されているドメイン」に「SSL保護有効」が表示されます。https://を冒頭に付けてホームページにアクセスしてみましょう。

ロリポップ!でSSL保護有効

WordPressのURL設定を「http://~」から「https://~」に変更する

WordPressにログインして「設定」→「一般」→「WordPressアドレス(URL)」、「サイトアドレス(URL)」を「http://~」から「https://~」に置き換えて「変更を保存」を選択します。

WordPressの一般設定でURLを「https://〜」に変更する

ログアウトするので、再度ログインします。

WordPressのログイン画面

SSL化されたURLにアクセスすると、URLの左側にカギのアイコンが表示されている事が確認できます。

▼SSL化されたURLの状態

URLがSSL化されている

▼SSL化されていないURLの状態

URLがSSL化されていない
 
しろくま
SSL設定を完了しましたが、現状のままだと「http://~」「https://~」両方のURLへアクセスできてしまう状態です。
そこで次は、訪問者が「http://~」へアクセスしてきた場合「https://~」へ自動的にリダイレクト(転送)する設定を行います。

「http://~」から「https://~」へ自動的にリダイレクト(転送)する設定

ロリポップ管理画面から「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」を選択します。

ロリポップ!の管理画面で「ロリポップ!FTP」を選択

「.htaccess(※)」のファイルを選択します。

ロリポップ!FTPで「.htaccess」を選択
※.htaccess(エイチティーアクセス)とは、WEBサーバーのアクセス制限やリダイレクトなどをコントロールする重要な設定ファイルです。
「.htaccess」の内容を変更する前に、ファイルをダウンロードするなど、必ずバックアップをとってから作業を行なって下さい。慎重に作業を行わないと、ホームページへアクセスできないなどの問題が発生する事があります。

下記のソースコードをコピーします。

<ifmodule mod_rewrite.c>RewriteEngine OnRewriteCond %{HTTPS} offRewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]</ifmodule>

「.htaccess」ファイルに、コピーしたソースコードを貼り付けて「保存する」を選択します。

.htaccessファイルにSSLリダイレクト設定を追記
 
しろくま
「http://~」のURLでアクセスして「https://~」に自動的にリダイレクトするか確認してみましょう。

まとめ

 
くろくま
ふぅ。ボリューム盛り沢山だったね。
おかげさまでブログを無事開設できたよ。
 
しろくま
くろくまくん、おつかれさまでした。
「レンタルサーバー契約(ロリポップ!)」「独自ドメイン取得(ムームードメイン)」「WordPress導入」「メールアドレス設定」「SSL化」と、基本的な部分で重要な設定を行えましたね。
 
くろくま
一度設定を行なえば、あとは記事の更新に集中できるから、これからどんどん書いてみるよ。
WordPressも機能が充実しているみたいだし、色んな設定を触ってみるのも面白そうでワクワクするな〜。
 
しろくま
WordPressは、テーマ選定、プラグインの導入、カスタマイズなど、様々な設定を自分好みにできるので、ぜひ自分だけのブログ作りにチャレンジしてみて下さい。
ブログの更新応援していますよ。
スポンサーリンク
しろくまフォルダの最新情報をチェック!