【無料】個人向けクラウドストレージサービス10選まとめ

しろくま
個人利用におすすめしたい、無料で使える「クラウドストレージサービス」をまとめたので、一挙公開します。
くろくま
(どんなサービスがあるのかチェックしてみよう)
しろくま
クラウドストレージサービス利用時に押さえておきたい「メリット・デメリット」の他、サービスごとの特徴やストレージ容量を紹介していきます。
スポンサーリンク

クラウドストレージサービスとは?

クラウドストレージサービスのイメージ

クラウドストレージサービスとは、インターネット上のディスクスペース(ストレージ)に写真・動画・ファイルなどを格納できるサービスです。

「オンラインストレージ」「ファイルストレージ」「ファイルホスティング」とも呼ばれています。

インターネット上にデータを保管しておけることから、手軽にファイル共有が行えたり、外出先からアクセスできるなど、便利に利用できることから、各社さまざまなサービスが提供されています。

プラットフォームやデバイスを問わず利用できる点も、クラウドストレージサービスの魅力となっています。

クラウドストレージサービスのメリット・デメリット

メリット

  • PC、スマホ、タブレットなどデバイス問わず利用可能
  • Windows、Mac、Linuxなど、異なるOSからでも利用可能
  • 簡単にサービスを開始でき、初期費用が無料or安い
  • セキュアな環境下でファイル共有、データバックアップを行える
  • サーバーの設置・管理・メンテナンスが不要の為、運用面で楽

デメリット

  • インターネット環境がないと利用できない
  • サーバーやサービスに障害が発生するリスクがある
しろくま
「クラウドストレージサービス」のメリット・デメリットを知れたところで、おすすめのクラウドストレージを確認してみましょう。

【無料】おすすめクラウドストレージサービス

ここからは、個人が無料で使える「クラウドストレージサービス」をご紹介します。

それぞれのサービスの特徴や利用条件を確認して、最適なサービスを導入しましょう。

DropBox(ドロップボックス)

Dropbox

他のサービスと比較すると、ストレージ容量が2GBと少ないですが、友人を1人招待する度に500MBが付与され、最大16GBまで利用可能となっています。

また誤ってデータを削除した場合、30日以内なら復元出来るので、万が一の時も安心です。

プラン名ストレージ容量月額料金
Basic2GB〜最大16GB無料
Plus2TB1,200円
Family2TB(共有可能)2,000円

Dropboxを利用する

Google Drive(グーグルドライブ)

Google Drive

Google Driveのストレージ容量は”15GB”と太っ腹。

GmailやGoogleフォトと共通のストレージになっているので、これらのサービスを利用している方なら、すぐにでも利用できます

ストレージ容量が大きいので、一つのサービスにデータを集約したい方、大容量ファイルを保管したい方に最適です。

Google Driveの有償版として「Google One」、ビジネス版であれば「Google Workspace」が用意されています。

プラン名ストレージ容量月額料金
Google Drive15GB無料
Google One100GB250円
200GB250円
2TB1,300円
Google Workspace30GB680円
2TB1,360円
5TB2,040円

Google Driveを利用する

OneDrive(ワンドライブ)

OneDrive

Microsoftアカウントを作成すれば、無料で5GBのストレージを利用できます。

有料プランである「Microsoft 365 Personal」に切り替えれば、1TBのストレージ+Office製品を利用することが可能です。

プラン名ストレージ容量月額料金
OneDrive Basic 5 GB5GB無料
OneDrive Standalone 100GB100GB224円
Microsoft 365 Personal1TB12,984円(年)

OneDriveを利用する

Amazon Cloud Drive(アマゾンクラウドドライブ)

Amazon Cloud Drive

Amazonプライム会員登録がなくても、無料で5GBのストレージを利用できます。

写真・動画・資料を保管して、家族・友人とファイル共有できるのも嬉しいポイント。

プラン名ストレージ容量月額料金
Amazon Cloud Drive5GB無料
100GB250円
1TB1,300円
2TB2,600円

Amazon Cloud Driveを利用する

iCloud ストレージ

iCloud ストレージ

AppleIDを取得すると、無料で5GBのストレージを利用できます。

ストレージプランを200GBか2TBにアップグレードしてファミリー共有すれば、家族でシェアすることも可能なので、MacやiPhoneを複数台利用している場合にお勧めです。

プラン名ストレージ容量月額料金
iCloud ストレージ50GB130円
200GB400円
2TB1,300円

iCloud ストレージを利用する

box(ボックス)

box

ファイル共有やドキュメント管理はもちろん、Office365やslackなど、様々な業務アプリケーションと連携できる為、生産性向上を期待できます。

プラン名ストレージ容量月額料金
Individual10GB無料
Personal Pro100GB1,200円

boxを利用する

Evernote(エバーノート)

Evernote

高度な検索機能を持ったメモアプリ。

有料プランであれば、Office文書やPDFの中身まで文字検索できます。

またGmailやOutlook、Microsoft Teamsなど、人気アプリと連携できるのも強みの一つ。

プラン名ストレージ容量月額料金
ベーシック60MB無料
プレミアム10GB600円
Business20GB+(2GB×ユーザー数)1,100円

Evernoteを利用する

firestorage(ファイヤーストレージ)

firestorage

無料なのに、ストレージ容量を無制限で使える驚きのクラウドストレージ。

煩わしい会員登録も不要で、すぐにサービスを利用開始できます。

大容量ファイルを受け渡したい場合、重宝すること間違いなしのサービスです。

プラン名ストレージ容量月額料金
未登録会員
無料会員
無制限無料
ライト会員1,037円(広告非表示など)
正会員2,085円(広告非表示など)

firestorageを利用する

MEGA(メガ)

MEGA

最大50GBとボリュームのあるプランを無料で利用できます。

シンプルで使いやすい操作性を好む方におすすめ。

Windows/Mac/Linux/iOS/Androidと、幅広いプラットフォームで互換性があります。

プラン名ストレージ容量月額料金
無料プラン50GB(※条件あり)無料
プロ・ライト400GB612円
プロ 12TB1,226円
プロII8TB2,453円
プロIII16TB3,680円

MEGAを利用する

FINALBOX(ファイナルボックス)

FINALBOX

無料プランは1GBと少ないですが、無期限でデータ保管してくれます。

有料プランになると、容量を気にせず無期限保管される充実の内容です。

プラン名ストレージ容量月額料金
無料プラン1GB無料
有料プラン無制限1,000円

FINALBOXを利用する

さいごに

クラウドストレージサービスを利用する時に押さえておきたい「メリット・デメリット」の他、おすすめサービスや特徴をご紹介いたしました。

無料で始められるサービスばかりなので、利用目的や使い心地が合うものを探してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク