データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」エディション比較と使い方を解説【PR】

今回の記事は、イーザスソフトウェア社様より、「EaseUS Data Recovery Wizard」の製品提供を受けてレビューを掲載しております。
ユーザー視点で、製品の使用感や意見を載せていますので、製品を選定される皆様の一助になれば幸いです。
スポンサーリンク

EaseUS Data Recovery Wizardとは?

「EaseUS Data Recovery Wizard」は、PC内蔵・外付けのHDDやSSD、USBやSDカードといった外付けデバイスなど、様々なストレージデバイスからデータ復旧を簡単に行えるソフトウェアとなります。

EaseUS Data Recovery Wizardは、次の方にお勧めの製品です。

  • 誤って消去したファイル、フォーマット済みのデータを元に戻したい
  • 画像、音声、動画、ドキュメントなど、多形式のファイルを復元したい
  • ウイルス攻撃による紛失、システムクラッシュ後のデータを復元したい
  • PC内蔵、外付け問わず多様なデバイス対応の復元ソフトを探している
  • Windows、Macでデータ復元を行いたい
  • 無料で高機能なデータ復元ソフトを使いたい
 
しろくま
EaseUS Data Recovery Wizardを使えば、これら全ての機能を利用できます。

EaseUS Data Recovery Wizardの動作条件

「EaseUS Data Recovery Wizard」の動作環境は次の通りです。

WindowsMac
対応バージョンWindows 10、8.1、8、7、Vista、XP

Windows Server 2019、2016、2012、2008、2003

macOS 10.15、10.14 (Mojave)、High Sierra、Sierra、10.11 (El Capitan)、10.10 (Yosemite)、10.9 (Mavericks)
 
くろくま
Windows、Mac共に幅広いバージョンで対応しているのは嬉しいポイントだね!

EaseUS Data Recovery Wizardのエディション比較(FreeとPro)

今回は、EaseUS Data Recovery Wizardのおすすめエディション、「Free」と「Pro」の2製品を比較してみました。

エディション比較Free(無料版)Pro(有料版)
価格無料8,900円〜
(無料体験あり)
インストール可能台数フリー1台
復旧データ容量制限2GB無制限
ハードディスク復元
ゴミ箱復元
削除復元
ウイルス攻撃復元
パーティション復旧
外付けデバイス復元
システムクラッシュ復元
フォーマット復元
復元可能な画像JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, DNG, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DWGなど
復元可能な音声AIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど
復元可能な動画AVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、MKV、ASF、FLV、SWF、MPG、RM/RMVB、MPEGなど
復元可能なドキュメントDOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなど
その他 復元可能なファイルOutlook、Outlook Expressなどのローカルメール(PST, DBX, EMLXなど)、圧縮ファイル(ZIP, RAR, SIT, ISOなど)、exeファイルなど
製品アップグレード
テクニカルサポート
リモートデータ復旧サービス
 
くろくま
復旧したいデータが2GB以内なら無料版、2GB以上なら有料版と覚えておけばいいね。
 
しろくま
有料版はサポートも手厚くて、初めての方も安心して利用できますね。

EaseUS Data Recovery Wizardの利用準備を行おう

当ブログでは、下記スペックのPCに「EaseUS Data Recovery Wizard」をインストールして、動作確認を行いました。

  • Windows 10(64bit) / Home Edition / バージョン1909
  • CPU:Inter®️ Core i5
  • メモリ:8GB

また、外付けSSDも忘れずに用意しておきましょう。

 
しろくま
次は、インストール手順を解説します。

EaseUS Data Recovery Wizardのインストール手順

サイトから製品をダウンロードします。(無料体験版も用意されています)

EaseUS Data Recovery Wizard Proのダウンロードはこちら

データ復元ソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard Pro」

無料体験を選択して、インストール用のファイルをダウンロードします。

インストール用のファイルを起動します。

「今すぐインストール」を選択します。(画面右下のカスタムインストールを選択すると、言語やインストール先のフォルダを変更可能です)

インストールが完了したら「今すぐ始める」を選択します。

EaseUS Data Recovery Wizardを起動できました。

EaseUS Data Recovery Wizardにライセンスコードを登録する

製品を購入した方は、ライセンスコードを次の場所から登録しましょう。

画面右上「ライセンス認証」を選択します。

ライセンスコードを入力して「今すぐ認証」を選択します。

「ライセンス認証 完了」の画面表示になれば、完了です。

製品登録を確認できました。

EaseUS Data Recovery Wizardの使い方

「EaseUS Data Recovery Wizard」は、PC内臓HDD、SSDの他、USBやSDカードといった外付けデバイスなど、様々なストレージデバイスからデータ復旧を簡単に行えます。

直感的に分かりやすく、簡単操作でデータを復元できるのが特徴です。

 
しろくま
復元前にデータをスキャンする必要があります。
次は「復元データのスキャン」を行います。

復元データをスキャンする

復元対象のデバイスやドライブで「スキャン」を選択します。

「クイックスキャン」が自動的に行われます。

クイックスキャンが終わると、「高度なスキャン」が自動的に行われます。

全てのスキャンを終えると、次のような状態になりました。

しろくま
次は、「削除・紛失データを復元」します。

削除・紛失データを復元する

今回は「削除されたファイル」の中身を確認し、復元していきます。

(1)[削除されたファイル] → (2)[対象フォルダ] → (3) [復元したいデータ] → (4) [リカバリー]の順に選択します。

(1)[データの保存先]を指定して、(2)[OK]を選択します。(保存先は可能であれば、外付けSSDなど別ドライブ推奨です)

復元したいデータがある場所と、データの復元先が同じドライブの場合、次のメッセージが表示されますが、「保存」を選択します。

復元が完了のメッセージが出たら、「復元ファイルを見る」を選択して、復元データを確認してみます。

復元対象のフォルダが表示されるので、階層を辿っていきましょう。

指定したデータの復元を確認できました。

プレビューしながら復元する

くろくま
データの名前だけだと、復元したいデータか判断できないんだけど、そういう場合はどうすれば良いかな?
しろくま
データの中身を確認しながら復元できる「プレビュー」機能が便利です。

(1)[対象のファイル]を右クリックして、(2)「確認する」を選択します。

データの中身をプレビューできました。

プレビューしたデータを復元する場合は、リカバリーを選択しましょう。

さいごに

 
くろくま
EaseUS Data Recovery Wizardだと、「⑴スキャン→⑵データ選択→⑶リカバリー」の3ステップで簡単に復元できたね!
 
しろくま
「誤って削除したデータ」「紛失してしまったデータ」など、データを取り戻せず困っている方は、無料で使えるデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」がお勧めです。
EaseUS Data Recovery Wizardのダウンロードはこちら

データ復元ソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard Pro」

スポンサーリンク
しろくまフォルダの最新情報をチェック!