【Windows10】WEBカメラが映らない時に試したい10の方法

悩めるクマ
WEBカメラが映らない
WEBカメラの設定を確認したい

こんな悩み・疑問を解決します。

当記事を読んでいただくと「WEBカメラの設定」について、次のことがわかります。

  • Windwosのカメラ設定の確認方法
  • ブラウザ(Edge)のWEBカメラの設定を確認する方法
  • カメラ設定に問題がない時の対処方法
しろくま
面接・講習・会議・授業など、WEBカメラを利用する場面は様々。
今回は、WEBカメラが映らない時の対処方法を10パターンご紹介します。
スポンサーリンク

WEBカメラが映らない時に試したい10の方法

今回は、WEBカメラが映らない時に試したい10の対処・設定方法をまとめました。

  1. カメラへのアクセス許可を確認する(Windows)
  2. カメラへのアクセス許可を確認する(アプリ全体)
  3. カメラへのアクセス許可を確認する(デスクトップアプリ)
  4. カメラの「サイトのアクセス許可」設定を確認する
  5. カメラのアクセスをブロックしていないか確認する
  6. カメラアプリでカメラを認識できるか確認する
  7. 他のカメラ機器を接続してみる
  8. ウイルス対策ソフトの設定を確認する
  9. 会社・学校など、組織のポリシーによりブロックされていないか確認する
  10. パソコンを再起動してみる
しろくま
それでは、効果が高い内容から順番に解説します。

①カメラへのアクセス許可を確認する(Windows)

Windowsのカメラがオフになっていると、カメラ機能を一切使えない状態となるので、「オン」になっているか確認します。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [カメラ] → [このデバイスのカメラへのアクセスはオンになっています]のメッセージを確認
「このデバイスのカメラへのアクセスはオンになっています」を確認
しろくま
「このデバイスのマイクへのアクセスはオフになっています」のメッセージが出ている場合は、「変更」ボタン押下で、カメラのオン・オフを切り替えましょう。

②カメラへのアクセス許可を確認する(アプリ全体)

アプリがカメラにアクセスできるよう設定を「オン」にします。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [カメラ] → [アプリがカメラにアクセスできるようにする]が「オン」になっているのを確認
アプリがカメラにアクセスできるようにするが「オン」を確認

③カメラへのアクセス許可を確認する(デスクトップアプリ)

デスクトップアプリがカメラにアクセスできるよう設定を「オン」にします。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [カメラ] → [デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする]が「オン」になっているのを確認
デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにするを「オン」にする

④カメラの「サイトのアクセス許可」設定を確認する

以下の設定は、EdgeでWEBカメラを利用する時に有効です。

Edgeを起動して、ブラウザ右上の(1)[・・・] → (2)[設定]の順にクリックします。

Microsoft Edgeの設定をクリック

(3)[Cookieとサイトのアクセス許可] → (4)[カメラ]の順にクリックします。

Cookieとサイトのアクセス許可からカメラを選択

(5)[アクセスする前に確認する(推奨)]が「オン」になっていることを確認します。

カメラのサイトのアクセス許可を確認

設定後にサイトを再読込して、カメラの使用(6)[許可]をクリックします。

Edgeでカメラの使用を許可する

Edgeのカメラの「サイトのアクセス許可」の確認は、以上になります。 

⑤カメラのアクセスをブロックしていないか確認する

以下の設定は、ブラウザでWEBカメラを利用する時に有効です。

URL横の(1)プライバシーのアイコンをクリックします。

プライバシーのアイコンをクリック

カメラのアクセスがブロックされている場合は、ドロップダウンリストから(2)[許可]をクリックします。

カメラの使用を許可する

サイトを再読込して、カメラが認識していることを確認します。

Edgeでカメラを認識

⑥カメラアプリでカメラを認識できるか確認する

  • 特定のブラウザ・アプリだけカメラが映らないのか?
  • 他のアプリでもカメラが映らないのか?

原因の切り分けを行う為に、カメラアプリを起動して、カメラ機能が利用できるか確認してみましょう。

カメラアプリは、Windows10に標準搭載されており、次の手順で起動できます。

[スタートボタン] → [カメラ]
Windowsのカメラアプリを起動

⑦他のカメラ機器を接続してみる

カメラ自体の故障・不具合で、利用できない可能性があります。

別途、WEBカメラを持っていれば、パソコンに接続して利用できるか確認してみましょう。

他のカメラ機器を利用できる場合、カメラの買い換えを検討する必要があります。

⑧ウイルス対策ソフトの設定を確認する

カスペルスキーのWEBカメラ保護設定
カスペルスキーのWEBカメラ保護設定

ウイルス対策ソフト側の機能により、カメラへのアクセスをブロックしている場合があります。

WEBカメラへのアクセスを監視・保護する機能を確認してみましょう。

⑨会社・学校など、組織のポリシーによりブロックされていないか確認する

会社や学校から貸与されたパソコンの場合、組織が定めたルールやセキュリティにより、カメラ機能を禁止・制限している場合があります。

ブラウザのカメラのアクセス設定を変更できない時は、システム管理者に利用方法を確認するか、制限を緩和してもらうなど、まずは問い合わせて相談することをお勧めします。

⑩パソコンを再起動してみる

パソコン自体が不調で、カメラを上手く認識できないことがあります。

カメラの設定に問題がない場合や、何を試してもカメラが使えない時は、端末の再起動を試してみましょう。

まとめ:WEBカメラが映らない時に試したい10の方法

今回は、WEBカメラが映らない時の対処・設定方法を10パターンご紹介しました。

  1. カメラへのアクセス許可を確認する(Windows)
  2. カメラへのアクセス許可を確認する(アプリ全体)
  3. カメラへのアクセス許可を確認する(デスクトップアプリ)
  4. カメラの「サイトのアクセス許可」設定を確認する
  5. カメラのアクセスをブロックしていないか確認する
  6. カメラアプリでカメラを認識できるか確認する
  7. 他のカメラ機器を接続してみる
  8. ウイルス対策ソフトの設定を確認する
  9. 会社・学校など、組織のポリシーによりブロックされていないか確認する
  10. パソコンを再起動してみる

カメラが映らない問題は、利用中より、利用前の確認段階で気付くことが多いと思います。

初めて利用する場合や大事な局面では、事前にカメラのテストをするなどして、本番に備えておきましょう。

スポンサーリンク