【Windows10】テンキーが使えない・反応しない時の対処法5選

悩めるクマ
キーボードのテンキーが使えなくなった
テンキーで数字を入力できない
テンキーを押すとマウスポインターが動く

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと「Windowsでテンキーが使えない時の対処法」として、次のことがわかります。

  • テンキーが使えない時に確認するべき機能・設定
  • テンキーが故障しているか?を切り分ける方法
しろくま
それでは、順番に対処法をご紹介します。
スポンサーリンク

テンキーが使えない時の対処法5選

テンキーが使えない時の対処法は、次の5点になります。

  1. 「Num Lock」キーをオンにする
  2. マウスキー機能を無効にする
  3. USBケーブルを挿し直す/別ポートに挿す
  4. キーボードのドライバーを再インストールする
  5. キーボードを交換する

【対処法1】「Num Lock」キーをオンにする

キーボードの「Num Lock」キーが無効になっていると、テンキー入力できません。

Num Lockキー

「Num Lock」キーのボタンを1回押して、テンキーが使えるか確認してみましょう。

「Num Lock」キーのランプが点灯状態であれば、テンキー入力が可能になります。

尚、パソコンによって「Num Lock」キーをオンにする方法は、次のいずれかになります。

  • [Num Lock]キーを押下
  • [Fn]キー + [Num Lock]キーを押下

ノートパソコンやタブレットなど、「Fn」キーが付いたキーボードを利用している場合は、[Fn]キー + [Num Lock]で、Num Lockキーが有効になります。

【対処法2】マウスキー機能を無効にする

マウスキー機能が「オン」になっていると、テンキーで数字を入力できなくなります。

マウスキー機能とは?
テンキーを使用してマウスポインターを移動する機能のこと

次の手順で、マウスキー機能を無効にします。

[スタート]ボタン → [設定] → [簡単操作] → [マウス] → [マウスをキーパッドで操作する]をオフにします
マウスキー機能をオフにする

マウスキー機能をオフにした後、テンキーが有効になったか確認してみましょう。

【対処法3】USBケーブルを挿し直す/別ポートに挿す

キーボードをうまく認識できず、誤作動している可能性があります。

キーボードをUSB接続している場合は、

  • USBケーブルを挿し直す
  • 別のUSBポートに挿してみる

といったことを試して、状況が改善されないか確認してみましょう。

【対処法4】キーボードのドライバーを再インストールする

キーボードのドライバーを古いまま使い続けていると、OSアップデートなどによって、一部機能が使えなくなることがあります。

最新のドライバーに更新することで、動作が改善されるケースがあるので適用しましょう。

キーボードのドライバーは、メーカーのホームページからダウンロードできます。

【対処法5】キーボードを交換する

テンキー故障の疑いがある場合、次の内1つ又は両方を試してみましょう。

  • 正常利用できているキーボードと交換し、動作確認する
  • テンキーが効かないキーボードを別PCに接続して、動作確認する

故障しているかどうか、切り分けたい時に有効な手段となります。

故障と判断できた時は、メーカーに修理依頼を行うか、買い替えを検討しましょう。

さいごに:テンキーが使えない時の対処法

今回は「テンキーが使えない時の対処法」として、次の5点をご紹介しました。

  1. 「Num Lock」キーをオンにする
  2. マウスキー機能を無効にする
  3. USBケーブルを挿し直す/別ポートに挿す
  4. キーボードのドライバーを再インストールする
  5. キーボードを交換する

テンキーが使えない時の対処・解決法として、当記事がお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク