ノートPCのバッテリー駆動時間が長持ちする10の設定【Windows10】

悩めるクマ
ノートPCのバッテリーが一日持たない
バッテリーが長持ちする設定を知りたい

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読んでいただくと、「ノートPCのバッテリー」について、次のことがわかります。

  • バッテリーが駆動時間が長持ちする10の設定
  • バッテリー減りの対策
しろくま
設定を見直すことで消費電力を節電できるので、この続きの説明を参考にしてみて下さい。
スポンサーリンク

ノートPCのバッテリー駆動時間が長持ちする10の設定

『バッテリーの減りが早い気がする』

『買って間もないのにバッテリーの持ちが悪い』

このような場合、バッテリーが長持ちする10の設定や対策を行えば、バッテリー駆動時間が伸びる可能性があります。

バッテリー駆動時間が長持ちする10の設定

  1. 「ディスプレイの電源を切る」時間を設定する
  2. 「スリープ状態にする」時間を設定する
  3. ディスプレイの明るさ(輝度)を下げる
  4. バッテリー節約機能を利用する
  5. カバーを閉じた時に「スリープか休止状態」にする
  6. 未使用のアプリを終了する
  7. 「バックグラウンド アプリ」をオフにする
  8. スタートアップに登録されたアプリをオフにする
  9. 動画視聴を控える/動画の画質を下げる
  10. バッテリー使用時は、ソフトウェア更新やWindowsUpdateを控える
しろくま
それでは順番に紹介します。

①「ディスプレイの電源を切る」時間を設定する

設定した時間を経過すると、PCのディスプレイを切るようにします。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [電源とスリープ] → [次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る(バッテリー駆動時)]の時間を変更
「ディスプレイの電源を切る」時間を設定

②「スリープ状態にする」時間を設定する

設定した時間を経過すると、PCがスリープするようにします。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [電源とスリープ] → [次の時間が経過後、PCをスリープ状態にする(バッテリー駆動時)]の時間を変更
「スリープ状態にする」時間を設定

③ディスプレイの明るさ(輝度)を下げる

ディスプレイの明るさを下げることで、バッテリー消費を抑えます。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [ディスプレイ] → [内蔵ディスプレイの明るさを変更する]のスライダーを調整します
ディスプレイの明るさ(輝度)を調整

④バッテリー節約機能を利用する

バッテリ節約機能を使い、設定したバッテリー残量に達した時、自動的に画面の明るさを下げるようにします。

(1)[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [バッテリー] → [次の値になったらバッテリー節約機能を自動的にオンにする]のチェックをオンにします

(2)[バッテリー節約機能がオンのときは画面の明るさを下げる]の残量を調整します

バッテリー節約機能

⑤カバーを閉じた時に「スリープか休止状態」にする

ノートPCのカバーを閉じた時、スリープや休止状態にできます。

[コントロールパネル] → [ハードウェアとサウンド] → [電源オプション] → [電源ボタンの動作を選択する] → [カバーを閉じた時の動作]のバッテリ駆動時の状態を『スリープ状態』や『休止状態』にして、[変更の保存]をクリックします
カバーを閉じた時の動作

⑥未使用のアプリを終了する

未使用のアプリは起動したまま放置せず、終了するようにしましょう。

アプリを起動しているだけで、パソコンに負荷がかかります。

バッテリー駆動を少しでも長持ちさせるなら、無駄な消費を防ぎましょう。

⑦「バックグラウンド アプリ」をオフにする

使用していないのにも関わらず、情報取得・更新などの為に動作しているアプリをオフにできます。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [バックグラウンド アプリ] → [アプリのバックグラウンド実行を許可する]のボタンをクリックしてオフにします
「バックグラウンド アプリ」をオフ

⑧スタートアップに登録されたアプリをオフにする

スタートアップに登録されたアプリは、PC起動時に開始されるので、オフに設定します。

[スタートボタン] → [設定] → [アプリ] → [スタートアップ] → 対象のアプリを『オフ』に切り替えます
スタートアップアプリ

⑨動画視聴を控える/動画の画質を下げる

大量のデータ通信が発生する動画再生は、パソコンへの負荷が高いことからバッテリーの消耗に影響します。

動画の視聴自体を控えるか、再生動画の画質を下げるなど、パソコンの負荷を和らげる方法を選びましょう。

⑩バッテリー使用時は、ソフトウェア更新やWindowsUpdateを控える

ソフトウェア更新やWindowsUpdateは、ファイルのダウンロードやインストールが実行されるので、パソコンにとって負荷の高い作業になり、大幅にバッテリーを消耗します。

また、バッテリー不足によって作業が強制終了してしまうと、PCに致命的なエラーを与える原因にもなります。

更新作業は、電源接続時に実施することをオススメします。

バッテリー減りの対策

バッテリー使用量が高いアプリを調べる

どのアプリでバッテリー使用量が高いか?を調べることができます。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [バッテリー] → [アプリごとのバッテリー使用量]
アプリごとのバッテリー使用量

バッテリーを交換する

バッテリー対策を行っても減りが早い場合、バッテリーの寿命が考えられるので、交換を検討しましょう。

尚、バッテリー交換は機種によって、次の2タイプが存在します。

  • 自分で簡単に交換・取り付けできるもの
  • オンボードで取り付けられ、自分で交換できないもの

詳しくはメーカーサイトで、ノートPCのバッテリー取り付けマニュアルを確認してみましょう。

モバイルバッテリーを購入する

バッテリー対策の一つとして、モバイルバッテリーをオススメします。

いつでも・どこでも充電ができ、スマホ・タブレットなど、PC以外の端末にも使えます。

また、外出・出張・旅行・災害時など、多岐に渡って活用できることから、さまざまなシーンで役立ちます。

まとめ:ノートPCのバッテリー設定と対策

今回は、ノートPCのバッテリーについて、次のことをご紹介しました。

  • バッテリーが長持ちする10の設定
  • バッテリー減りの対策

バッテリーの駆動時間は、使い方や設定次第で伸ばせます。

『バッテリーの減りが早いかも』と感じている方に、当記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク