Windows10 Homeでリモートデスクトップ接続する方法

悩めるクマ
Windows10 Homeでリモートデスクトップ接続はできるの?
リモートデスクトップ接続する方法を知りたい

こんな悩み・疑問を解決いたします。

当記事を読むと「リモートデスクトップ」について、次のことがわかります。

  • リモートデスクトップとは?
  • リモートデスクトップを使える環境
  • Windows10 Homeでリモートデスクトップを使う方法
しろくま
それでは、順番に解説していきます。
スポンサーリンク

リモートデスクトップとは?

リモートデスクトップとは

リモートデスクトップとは、ネットワークを介して他のパソコン・スマホ・タブレットなどを遠隔操作・画面共有できる機能のことです。

家庭・職場内はもちろん、外出先から端末を遠隔操作できるので、場所に縛られることなく作業できます。

リモートデスクトップを使えば、自宅からオフィスのPCに接続して操作できることから、テレワークを実現する手段のひとつにもなっています。

リモートデスクトップを使える環境

リモートデスクトップを使える環境

Windows10の場合、リモートデスクトップ機能が標準搭載されているのは、ビジネス向けの「Windows10 Pro」というエディションからになります。

 Windows10の主なエディション

HomeProEnterpriseEducation
リモートデスクトップ機能×

今回は家庭用で広く使われている「Windows10 Home」でも、リモートデスクトップが使える「RDP Wrapper Library」の設定方法をご紹介します。

Windows10 Homeでリモートデスクトップを使う方法

Windows10 Homeでリモートデスクトップを使う方法

「RDP Wrapper Library」を利用すれば、Windows10 Homeでリモートデスクトップを使えます。

当ブログでは、次の環境で「RDP Wrapper Library」を導入しました。

  • エディション:Windows10 Home
  • バージョン:20H2

「RDP Wrapper Library」の導入手順を詳しく解説していきます。

「RDP Wrapper Library」のインストール・設定手順

「RDP Wrapper Library」は、GitHub上で配布されています。

まずは、下記サイトにアクセスします。

「RDPWrap-v○.○.○.zip」をクリックします。

RDPWrapperのZipファイル

ダウンロードファイルをデスクトップなど、任意の場所に保存します。

RDPWrapperのZipファイルをデスクトップに保存

「RDPWrap-v○.○.○.zip」をダウンロードできました。

RDPWrap-v○.○.○.zip

zipフォルダを右クリックして、[すべて展開]をクリックします。

RDPWrap-v○.○.○.zipを右クリックして「すべて展開」

展開先を確認してから[展開]をクリックします。(今回はデスクトップを選択)

Zipフォルダの展開先を選択

「RDPWrap-v○.○.○」フォルダが展開されました。

解凍済の「RDPWrap-v○.○.○.zip」

展開した「RDPWrap-v○.○.○」フォルダを開いたら、[install.bat]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

install.batを管理者として実行

コマンドプロンプトが自動で起動した後、「続行するには何かキーを押してください…」と表示されるので、カーソルキーなど適当なキーを押下します。

install.batを続行するには何かキーを押す

処理を一通り終えると下記画面のようになり、再び「続行するには何かキーを押してください…」と表示されるので、カーソルキーなど適当なキーを押下します。

install.bat処理後、続行するには何かキーを押す

次に[update.bat]を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。

update.batを管理者として実行
[update.bat]実行後、「続行するには何かキーを押してください…」と表示されるので、カーソルキーなど適当なキーを押下します。

update.batを続行するには何かキーを押す

次に[RDPConf.exe]を実行します。

RDPConf.exeを実行

Listener stateの項目が[Not listening] [not supported]だと利用できない状態なので、これを利用可の状態にします。

Listener state:Not listening
[スタート]ボタンを右クリック → [コンピュータの管理]を選択します。

コンピューターの管理を選択

(1)[サービスとアプリケーションからサービス] → (2)[Remote Desktop Services] → (3)[サービスの停止]をクリックします。

Remote Desktop Servicesのサービス停止

下記リンクを右クリックして「名前を付けて保存」を選択します。
https://raw.githubusercontent.com/affinityv/INI-RDPWRAP/master/rdpwrap.ini

「ndpwrap.ini」ファイルをダウンロードできました。

rdpwrap.iniをダウンロード

「C:\Program Files\RDP Wrapper」フォルダを開いて、先程ダウンロードした「ndpwrap.ini」ファイルをコピペで置き換えます。

ndpwrap.iniを置き換え
[ファイルを置き換える]を選択します。

ファイルを置き換えるを選択

管理者権が必要であるダイアログが表示されたら[続行]を選択します。

続行を選択

「ndpwrap.ini」ファイルを置き換えた後は、停止していた[Remote Desktop Services]を開始します。

停止していた Remote Desktop Services を開始

再び「RDPWrap-v○.○.○」フォルダを開き、[RDPConf.exe]を起動します。

RDPConf.exeを起動

Listener stateが[Listening] [fully supported]になっていれば設定完了です。

Listener state:listening

最後に「リモートデスクトップ接続」を起動して、利用できるか確認してみましょう。

リモートデスクトップ接続画面

リモートデスクトップの接続をチェックする

[RDPCheck.exe]を実行すれば、ローカル環境でリモートデスクトップの接続チェックができます。

「RDPWrap-v○.○.○」フォルダを開き、[RDPCheck.exe]を起動します。

RDPCheck.exeを起動
[接続]を選択します。

接続ボタンを選択

ログイン画面を表示できたら、リモートデスクトップ接続のチェックは完了です。

リモート接続のチェック画面

その他のリモートデスクトップ接続利用方法

しろくま
「RDP Wrapper Library」以外に、リモートデスクトップ接続を利用する方法をご紹介します。

「Chromeリモートデスクトップ」を利用する

「Chromeリモートデスクトップ」は、Googleが提供している無料のリモートデスクトップツールになります。

Chrome(クローム)というウェブブラウザを介して、他のPCへ接続・操作することが可能になります。

複雑な設定を必要とせず、インターネット環境があれば簡単に接続できます。

無料のリモート操作ツールを検討している方は必見です。

WindowsのエディションをHomeからProにアップグレードする

Windowsに標準搭載されているリモートデスクトップを使用する場合、エディションが「Pro」以上であれば利用可能です。

[スタート] → [設定] → [システム] → [詳細情報] → [Windowsの仕様]でエディションを確認
Windows10のエディション

Windowsのエディションが「Home」の場合、標準機能のリモートデスクトップは利用不可となります。

但し、Windows HomeからProにアップグレードすれば、標準機能のリモートデスクトップを利用できます。

Windows10 Pro搭載のPCを購入する

リモートデスクトップ接続の利用を前提としている場合、Windows10 Pro搭載のPCを選ぶようにしましょう。

Proを購入すれば、Windows標準機能としてリモートデスクトップ接続を利用できます。

Windows10 HomeとProの価格差は、約8,000円程度となります。

さいごに

Windows10 Homeでリモートデスクトップ接続できる「RDP Wrapper Library」をご紹介しました。

リモートデスクトップを活用できれば、仕事や作業の場が広がり、業務効率アップも期待できます。

外出先からのアクセス、テレワーク・リモートワークを考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク