【Windows10】マイクから音が出ない時の対処・設定方法

しろくま
Zoom、Teams、Skype、Webexなど、WEB会議の場面でありがちな音声トラブル。
今回は、マイクから音が出ない時の対処・設定方法をご紹介します。
スポンサーリンク

マイクへのアクセス許可を確認する

マイクへのアクセス許可が「オン」になっていないと、マイク機能が無効で「音が出ない・通話できない」状態です。

マイクへのアクセス許可設定には、「Windows」と「アプリ」の2種類があるので、それぞれ確認方法をご紹介します。

マイクへのアクセス許可を確認する(Windows編)

Windowsのマイクがオフになっていると、マイク機能を一切使えない状態となるので、「オン」になっているか確認します。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [マイク] → [このデバイスのマイクへのアクセスはオンになっています]のメッセージを確認
マイクへのアクセスを許可する
しろくま
「このデバイスのマイクへのアクセスはオフになっています」のメッセージが出ている場合は、「変更」ボタン押下で、マイクのオン・オフを切り替えましょう。

マイクへのアクセス許可を確認する(アプリ編)

アプリごとにマイクのアクセス許可を「オン」にするか「オフ」にするか、設定・確認する手順は次の通りです。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [マイク] → [アプリがマイクにアクセスできるようにする]が「オン」になっているのを確認
アプリがマイクにアクセスできるようにする
しろくま
「特定のアプリだけマイクがオンまたはオフになる」といった場合に確認してみましょう。

マイクのテストをする

マイクが有効な状態であれば「マイクのテスト」で、正常動作しているか確認することができます。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [サウンド] → [マイクのテスト]を表示して音声確認
マイクのテスト
くろくま
マイクが音を拾えたら、青色のバーが伸びるよ!
マイクに向かって話しかけてみてね。

マイクのトラブルシューティングを行う

マイクの問題が発生した時は、トラブルシューティングを次の手順で実行してみましょう。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [サウンド] → [トラブルシューティング]を実行
マイクのトラブルシューティング
しろくま
トラブルシューティングを実行すると、不具合が改善されることがあるので試してみましょう。

パーツ(部品)が壊れていないか「ハードウェア診断」で確認する

マイクの部品自体が故障していないか確認したい時、パソコン内部のパーツ(部品)をチェックできる「ハードウェア診断」がおすすめです。

「ハードウェア診断」の実行方法は、パソコンメーカー別に下記記事にまとめているので、チェックしてみて下さい。

【Windows10】ハードウェア診断ツール|パソコンメーカー13社の実行方法まとめ

オーディオドライバーをアップデートする

マイクやスピーカーといった音声に関連する機能は、オーディオドライバーで制御されています。

最新のオーディオドライバーを適用することで、マイクの不具合が解消されることもあるので、ドライバーを古いまま使っている場合はアップデートしましょう。

[スタートボタン]を右クリック → [コンピューターの管理] → [デバイスマネージャー] → [オーディオの入力および出力] → [マイク]を右クリック → [ドライバーの更新] → [ドライバーを自動的に検索]
マイクのドライバーを更新
しろくま
アップデートで解消されない場合、ドライバーの再インストールも有効な手段です。

オーディオサービスを再起動する

オーディオサービスを再起動することで、正常動作する場合があるので手順をご紹介します。

(1)検索ウィンドウに「services.msc」を入力して、(2)「サービス」を選択します。

services.mscを入力してサービスを起動する

(3)[Windows Audio]を選択して、(4)[サービスの再起動]を行います。

オーディオのサービスを再起動する
しろくま
オーディオサービスを再起動できたら、正常動作するか再確認しましょう。

アプリのマイク設定を確認する

特定のアプリでマイクが使えない場合、アプリ側のマイク設定を確認していきます。

  • アプリ側でマイクを検出しているか確認する
  • マイクのボリュームを確認する
  • ミュート設定を解除する
  • 最新バージョンのアプリを使用する
しろくま
アプリの設定を確認して問題ない場合、アプリの再起動も試してみましょう。

WEB会議におすすめのマイク

パソコン内蔵のマイクと比べると、品質の違いが一目瞭然のWEB会議用マイク。

円滑なWEB会議に欠かせないマイク製品をご紹介します。

個人用おすすめマイク

複数名用おすすめマイク(スピーカーフォン)

複数名での利用は「スピーカーフォン」といって、集音マイク・スピーカーが一体となった製品をご紹介します。

機能性・全指向性・相手音声のクリアさなど、実際に使用して品質が良かったものをチョイスしています。

さいごに

Windows10で、マイクから音が出ない時の対処・設定方法をご紹介しました。

WEB会議などの場面で、音が出ないトラブルに見舞われた時は、焦らず順番に対処してみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク