【簡単】ConoHA WINGの自動バックアップから復元(リストア)する方法

しろくま
ConoHa WINGを使うメリットの一つとして挙げられるのが、自動バックアップ機能です。
くろくま
ほったらかしでバックアップを取ってくれるのは魅力的だけど、復元するのって難しくないの?
しろくま
ConoHa WINGは、初心者でも「自動バックアップ+復元」を簡単操作で行えるので安心してください。
それでは、自動バックアップと復元方法をご紹介していきます。
スポンサーリンク

自動バックアップの特徴を知ろう

ConoHa WINGの自動バックアップの特徴

ConoHa WINGでは、全プラン自動バックアップに対応しています。

尚、自動バックアップは設定不要で、ConoHa WINGを利用開始すると共に、バックアップデータを自動取得する仕組みとなっている為、安心して作業に専念できます。

くろくま
設定いらずでバックアップされるのは親切だね!

自動バックアップできるデータは3種類

ConoHa WINGは3種類のデータを自動バックアップ

ConoHa WINGでは、「Web・Mail・DB」の3種類のデータを自動バックアップできます。

  1. Web
    • Webサイトに関連するデータ(ワードプレスのテーマやプラグイン、投稿記事の画像など)
  2. Mail
    • メールの送受信データなど
  3. DB
    • データベース(ワードプレスの記事タイトルや本文、カテゴリーやタグなど全般設定)
しろくま
過去14日分のバックアップを保持していて、復旧用データとして利用できます。
くろくま
どれも大切なデータばかり。
データを消失した時、バックアップがあると助かるね。

自動バックアップから復元(リストア)する方法

自動バックアップから復元する方法

ここでは、自動バックアップから復元(リストア)する方法をご紹介します。

復元(リストア)できると、復旧用データを確認できるようになります。

Conoha WINGのコントロールパネルにログインし、メニューの「WING」を選択します。

ConoHa WINGにログインして「WING」を選択

コントロールパネルの「サーバー管理」を選択します。

「サーバー管理」を選択

サーバー管理メニューの「自動バックアップ」を選択します。

「自動バックアップ」を選択

バックアップの一覧から、復元したいデータを選択します。

バックアップの一覧から「リストア可」を選択

内容を確認して「リストア」を選択します。

リストア開始のダイアログ

リストア実行中は、くるくると回っています。

リストア実行中の状態

リストアを完了すると、ポップアップで完了のお知らせがあります。

リストア完了メッセージ

データ量によると思いますが、リストア時間は約5分となりました。

またリストアの結果は、同画面内のリストア履歴でも確認できます。

リストア履歴
しろくま
Webの復元手順をご紹介しましたが、「Mail」「DB」も同じ方法で復元できます。

復元(リストア)データの保存先を確認しよう

復元データの保存先を確認しよう

「Web、Mail、DB」の復元データは、それぞれ保存場所が異なるので、確認方法をご紹介します。

Webの復元データ確認方法

Webの復元データは「ファイルマネージャー」を確認します。

[WING] → [サイト管理] → [ファイルマネージャー]
WING→サイト管理→ファイルマネージャー

ファイルマネージャーを起動したら、復元されたフォルダ(backup_data_web)を探して、[右クリック] → [ダウンロード]しましょう。

ファイルマネージャーに保存された復元データをダウンロードする

Mailの復元データ確認方法

Mailの復元データは「Webメール」に保管されています。

[WING] → [メール管理] → [Webメール]
WING→メール管理→Webメール

Webメールを起動したら、[歯車のアイコン] → [フォルダーを管理]を選択します。

歯車のアイコンからフォルダーを管理を選択
[backup_data_mail]にチェックして、[電子メール]をクリックします。

[backup_data_mail]にチェックして、電子メールを選択

Webメール画面に戻ると、[backup_data_mail]に復元データが格納されているので、受信メールの内容を確認できたり、ダウンロードできます。

Webメール画面で[backup_data_mail]を選択して復元データを確認

DBの復元データ確認方法

DBの復元データは「データベース」で確認できます。

[WING] → [サイト管理] → [データベース]
WING→サイト管理→データベース

同じネームタグを2つ確認できますが、一方は復元もと、もう一方は復元によって出来たデータベースとなります。

データベースのネームタグ

どちらかをクリックして展開すると、詳細を確認できるので、データベース名が復元(リストア)した内容と一致しているか確認できます。

ネームタグの変更と復元したデータベース名を確認

あとは、復元(リストア)したデータベース名を利用する為に、DBの接続先情報などを変更すれば完了となりますが、ここではDB接続設定の説明は割愛致します。

さいごに

ConoHa Wingの自動バックアップと復元方法をご紹介しました。

自動バックアップやデータ復元できるレンタルサーバーは他にもありますが、実際に利用してみると、初心者でも簡単に復元できるよう、配慮されているなという印象を受けました。

いざという時、直感的に使いやすいのは、大事なポイントになると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\自動バックアップで安心/
ConoHa WING(コノハウィング )公式サイトはこちら
初心者でもデータ復元が簡単!

ConoHa WING 「Early Summer キャンペーン」開催中

ConoHa WING Early Summer キャンペーン

 今だけ限定!初期費用無料

 WINGパック「ベーシックプラン」全契約期間がお得!月額828円〜

 独自ドメインが2つ永久無料!

 ConoHa WINGの特徴

  1. 国内で一番速いレンタルサーバー
  2. WordPressサイトをすぐに開設できる
  3. サーバーとドメインがセットになってお得
  4. 初心者でも安心の機能
  5. 他社からの移行も簡単

\国内最速レンタルサーバー/
ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト
「Early Summer キャンペーン」詳細はこちら

スポンサーリンク