Parallels Desktopのメモリ割当を変更する方法

悩めるクマ
Parallels Desktopのメモリ割当を変更したい
メモリのおすすめ設定を知りたい

このような悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと「Parallels Desktopのメモリ割当」について、次の事がわかります。

  • Parallels Desktopのメモリ割当設定方法
  • Parallels Desktopでおすすめのメモリ割当
しろくま
最初に「Parallels Desktoopのメモリ割当設定方法」をご紹介します。
スポンサーリンク

Parallels Desktopのメモリ割当設定方法

Parallels Desktopのメモリ割当は、次の手順で変更します。

設定変更前に仮想マシン(Windowsなど)をシャットダウンしておいて下さい。シャットダウンするまで変更できない状態になります。

コントロールセンターの[設定アイコン]をクリックします。

コントロールセンターの設定

鍵をかけている場合は、[鍵アイコン]をクリックします。

設定の鍵
[ID]と[パスワード]を入力して、[OK]をクリックします。(鍵を解除する方のみ)

IDとパスワードを入力

鍵を解除できたら(1)[ハードウェア] → (2)[CPUおよびメモリ] → (3)[手動]の順にクリックして、(4)[メモリ]の設定を変更します。

メモリ設定変更

メモリの設定変更は以上です。(必要に応じて鍵をかけて下さい)

設定をロック

Parallels Desktopでおすすめのメモリ割当

「Parallels Desktopのメモリは、どのような設定にするのがベストか」

結論としては、

デフォルト設定で良いが、パフォーマンス不足を感じるなら手動設定を行う

この内容を覚えておくと良いと言えそうです。

Parallels DesktopとWIndows10/11のメモリ推奨仕様を確認していきます。

Parallels Desktopのメモリ推奨設定

Parallels Desktopでは、メモリの割当について以下のように記述しています。

Windows 10 以降を使用している場合、Parallels Desktop が仮想マシンに必要な CPU のコア数とメモリ容量を自動的に割り当てるため、最適なパフォーマンスと優れた使用感を得ることができます。デフォルト設定の使用をお勧めします。

ただし、仮想マシンのパフォーマンスに不足がある場合は、仮想マシンで利用できる CPU やメモリ容量を手動で指定できます。[手動] を選択し、対応するフィールドから任意の値を選択します。

ただし、必ずしも大きな値を指定すればパフォーマンスが向上するわけではありません。まず、デフォルト設定で仮想マシンを動作させてみてください。スムーズに動作しない場合は、メモリや CPU のコア数を増加させてみてください。仮想マシンのパフォーマンスが向上したでしょうか。そうでない場合は、CPU やメモリの割り当てをさらに変更してみてください。

CPU とメモリの設定

つまり、通常はデフォルト(自動設定)、パフォーマンス不足を感じるなら手動設定を試すという形です。

当環境では、Parallels DesktopでWindows11を使用していますが、メモリのデフォルト設定は以下のようになっています。

メモリデフォルト設定

Macのメモリは16GBを搭載していますが、Parallels Desktopでは自動的にメモリ6GBが割当られていました。

メモリの設定変更については、当記事冒頭にご紹介した手順で実施いただけます。

Windows10およびWindows11のメモリ推奨仕様

Windows10/11の推奨メモリは、以下の通りです。

メモリ仕様Windows10Windows11
最低32ビット版: 1GB
64ビット版: 2GB
64ビット版:4GB
推奨32ビット版: 2GB以上
64ビット版: 4GB以上
64ビット版:8GB以上

Parallels DesktopでWindows10を利用するなら「メモリ4GB以上」、Windows11では「メモリ8GB以上」を目安にすると良いと言えます。

但し、利用するアプリケーションやタスクによっては、メモリ不足によりパフォーマンス低下や予期しないエラーが発生する可能性があります。

利用目的に合わせてメモリ設定を変更するようにしましょう。

さいごに

本記事では、Parallels Desktopのメモリ割当について、次のことをご紹介しました。

  • Parallels Desktopのメモリ割当設定方法
  • Parallels Desktopでおすすめのメモリ割当

基本的には、Parallels Desktopがメモリ使用量やパフォーマンスを監視し、必要に応じてメモリの割り当てを調整してくれます。

但し、パフォーマンスに満足できない場合、手動でメモリ設定の変更も可能です。

自身の環境で適切なメモリ設定を行い、パフォーマンス最適化を行っていきましょう。

限定セール 15%OFF Parallels Desktop19 キャンペーン」開催中!

 Standard Edition:10,400円 → 8,840円!

 Pro Edition:11,700円 → 9,945円!

 期間:2024年2月14日(水)〜2024年3月1(金)

 対象商品:Parallels Desktop 19

 Parallels Desktopの特徴

  1. Intel・M1/M2/M3チップ搭載の最新macOSでWindowsが動く
  2. 再起動せずにMacでWindowsを実行できる
  3. MacとWindowsの行き来、ファイル共有が簡単
  4. 数分のセットアップですぐに使える
  5. 初心者でも安心の技術サポート
スポンサーリンク