Windows10の起動が遅い!5つの原因と効果的な対策11選まとめ

悩めるクマ
Windows10の起動が遅くて耐えられない
起動が遅いパソコンは設定に問題があるの?

このような悩み・疑問を解決します。

当記事では「Windows10の起動が遅くなる5つの原因と11の対策」をまとめています。

しろくま
パソコンの起動が遅くなるのには、必ず原因があります。
原因に対する対策や設定方法を詳しく紹介します。
スポンサーリンク

Windows10の起動が遅くなる5つの原因とは?

パソコンの起動に時間がかかる

Windows10の起動が遅くなる原因として、大きく次の5つの要因が考えられます。

  1. 空き容量が不足している
  2. 不要なアプリケーションが動作している
  3. パソコンの内部パーツ(部品)に問題がある
  4. パソコンがウイルスに感染している
  5. パソコンのスペック(性能)が不足している
しろくま
まず、パソコン起動が遅くなる原因について順番に解説します。

【原因1】空き容量が不足している

ハードディスク内の空き容量(=Cドライブ)が不足していると、Windows全体のパフォーマンス低下の原因となります。

長年パソコンを使用していると、気付かないうちにデータが溜まり続け、Cドライブが逼迫した状態になりがちです。

Cドライブの空き容量を確保するには、次の手段が有効です。

  • デスクトップの整理
  • 外付けHDDにデータを移動・保存する

【原因2】不要なアプリケーションが動作している

次のようなアプリケーションがないかチェックします。

  • バックグラウンドで動作しているアプリケーション
  • パソコンログイン時、自動で起動するアプリケーション

これら不要なアプリケーションが起動・動作すると、パソコンに負荷がかかり、起動の妨げになります。

データ整理同様、未使用のアプリケーションはアンインストールすることが大切です。

【原因3】パソコンの内部パーツ(部品)に問題がある

パソコンの動作が遅くなる原因として、内部パーツ(部品)が壊れかけ、もしくは壊れている可能性があります。

パソコンは消耗品なので、長年使用しているといつかは、交換や買い替えが必要となるもの。

パソコンの不調を感じたら状態を確認するなど、メンテナンスすることが重要です。

【原因4】パソコンがウイルスに感染している

ウイルスに感染すると、パソコンは不審な動作を繰り返したり、動作が遅くなるなどの現象が発生します。

セキュリティ対策ソフトを常に最新に保ち、定期的にスキャンを実行するなど、ウイルス対策を怠らないようにしましょう。

【原因5】パソコンのスペック(性能)が不足している

パソコンに性能以上の動作を求めると処理が追い付かず、フリーズや動作不良を引き起こします。

『HDDの容量をアップする』『メモリを増設する』など、利用シーンに合わせて、必要なパーツをスペックアップすることも検討しましょう。

Windows10の起動が遅い時の対策11選

快適なパソコン環境

Windows10の起動が遅い時の対策を11の項目にまとめました。

  1. Cドライブの空き容量を確認し、データを整理する
  2. 不要なアプリケーションを削除する
  3. 周辺機器を取り外してからパソコンを起動する
  4. スタートアップに登録済のアプリをオフにする
  5. バックグラウンド アプリをオフにする
  6. パソコン内部のパーツ(部品)を診断する
  7. ウイルス対策ソフトのスケジュールを確認する
  8. ウイルスに感染していないか確認する
  9. WindowsUpdateを確認する
  10. メモリ不足を解消する
  11. HDDからSSDに換装する
しろくま
それでは、パソコン起動の対策について順番に解説します。

【対策1】Cドライブの空き容量を確認し、データを整理する

Windows10 Cドライブの空き容量

WindowsOSは、通常Cドライブに格納されています。

その為、Cドライブの空き容量が不足すると、動作が遅くなるなど、パフォーマンスが著しく低下します。

Cドライブの空き容量の目安は、最低でも10〜20%必要と言われています。

空き容量が少ない場合は、外付けHDDにデータを保存して、Cドライブの空き容量を確保しましょう。

【対策2】不要なアプリケーションを削除する

  • パソコン購入時からインストール済みのアプリケーション
  • 使わなくなったアプリケーション

このような不要なアプリケーションは削除しておくことで、パソコンの動作が遅くなる要因を減らすことができます。

アプリケーションの削除は、次の手順で操作します。

[スタートボタン] → [設定] → [アプリ] → [アプリと機能] → 削除したいアプリを選択して、[アンインストール]をクリック
Windows10でアプリをアンインストール

【対策3】周辺機器を取り外してからパソコンを起動する

USBやプリンターなどの周辺機器を取り外した状態で、パソコンを起動してみましょう。

周辺機器を外した状態で、パソコンがスムーズに起動する場合、パソコンと周辺機器との間で問題が発生しているといえます。

ケーブルの繋ぎ方や設定、ドライバーを再インストールするなど、周辺機器とパソコンの接続や動作確認を見直してみましょう。

【対策4】スタートアップに登録済のアプリをオフにする

スタートアップでアプリがオンになっていると、パソコンログイン時にアプリも一緒に起動しようとするので、総じてパソコンの起動が遅くなります。

スタートアップのアプリをオフにするには、次の手順で操作します。

[スタートボタン] → [設定] → [アプリ] → [スタートアップ] → 対象のアプリを『オフ』に切り替えます
スタートアップ アプリをオフにする

【対策5】バックグラウンド アプリをオフにする

アプリを自動更新する為に、バックグラウンドでアプリが『オン』になっているものがあります。

バックグラウンドで動いている不要なアプリは、停止しておきましょう。

バックグラウンドのアプリをオフにするには、次の手順で操作します。

[スタートボタン] → [設定] → [プライバシー] → [バックグラウンド アプリ] → [アプリのバックグラウンド実行を許可する]のボタンをクリックしてオフにします
バックグラウンドのアプリをオフにする

【対策6】パソコン内部のパーツ(部品)を診断する

パソコンの起動が遅くなる原因の一つとして、内部パーツ(部品)の故障や異常が関係している場合があります。

「ハードウェア診断ツール」を使えば、内部パーツが正常動作しているか自分で診断できます。

パソコンメーカーによって「ハードウェア診断ツール」の実行方法は異なるので、下記記事を参考に診断してみましょう。

【対策7】ウイルス対策ソフトのスケジュールを確認する

ウイルス対策ソフトは、スケジュール設定などにより、定期的にパソコンをスキャンしています。

特に『フルスキャン実行中』の場合、パソコン全体のファイルとプログラムをチェックする為、パソコンの動作に影響を及ぼしがちです。

利用中のウイルス対策ソフトのスケジュールと、パソコンの起動時間が被らっていないか、設定を確認しておきましょう。

【対策8】ウイルスに感染していないか確認する

パソコンがウイルス感染すると、パソコンの起動が遅くなることがあります。

Windows10を利用している場合、ウイルス対策ソフト『Defender』が標準搭載されているので、フルスキャンを実行しましょう。

Defenderでフルスキャンするには、次の手順で操作します。

[スタートボタン] → [設定] → [更新とセキュリティ] → [Windowsセキュリティを開く] → [ウイルスと脅威の防止] → [スキャンのオプション] → [フルスキャン] →[今すぐスキャン]をクリックします
Defenderでフルスキャンを実行する

【対策9】WindowsUpdateを確認する

Windowsを最新の状態に保つ為、定期的にアップデートを行うのが『WindowsUpdate』です。

基本的に自動でアップデートされますが、アップデート中のトラブルなどで中断や異常終了すると、再度アップデート処理が実行されることがあります。

WindowsUpdateの状態を確認するには、次の手順で操作します。

[スタートボタン] → [設定] → [更新とセキュリティ] → [WindowsUpdate] → [更新プログラムのチェック] → 適用するプログラムがなくなるまで、繰り返し[更新プログラムのチェック]をクリックします
適用するプログラムがなくなるまで、繰り返し[更新プログラムのチェック]をクリック

【対策10】メモリ不足を解消する

メモリが不足していると、パソコンの起動だけでなく、起動後に使用するソフトウェアの動作も遅いままとなります。

Windows10で推奨されているメモリは4GBですが、8GB搭載しておくことで快適に利用できるケースが多いです。(※ゲーム・動画編集除く)

尚、Windows10に搭載されているメモリは、次の手順で確認できます。

[スタートボタン] → [設定] → [システム] → [詳細情報] → [実装RAM]を確認
Windows10に実装されたメモリ(RAM)

WindowsPCであれば、メモリを自分自身で増設できる機種が多く存在します。

PCに対応したメモリを選定して、メモリのスロットに空きがある場合は増設、スロットが空いていない場合は交換して、8GB以上実装することをお勧めします。

【対策11】HDDからSSDに換装する

パソコン起動の対策を講じても効果がない場合、HDDより読み込み速度が速いSSDに換装することで、起動時間を大幅に短縮できます。

SSDへの換装を個人で行う場合、下記のような換装キットを利用することで、初心者でも簡単にSSD換装の作業を済ませることができます。

さいごに:出来る対策から取り組むことが大事

今回は「Windows10の起動が遅くなる5つの原因と11の対策」をそれぞれ次の形でご紹介しました。

Windows10の起動が遅くなる5つの原因

  1. 空き容量が不足している
  2. 不要なアプリケーションが動作している
  3. パソコンの内部パーツ(部品)に問題がある
  4. パソコンがウイルスに感染している
  5. パソコンのスペック(性能)が不足している

Windows10の起動が遅い時の対策11項目

  1. Cドライブの空き容量を確認し、データを整理する
  2. 不要なアプリケーションを削除する
  3. 周辺機器を取り外してからパソコンを起動する
  4. スタートアップに登録済のアプリをオフにする
  5. バックグラウンド アプリをオフにする
  6. パソコン内部のパーツ(部品)を診断する
  7. ウイルス対策ソフトのスケジュールを確認する
  8. ウイルスに感染していないか確認する
  9. WindowsUpdateを確認する
  10. メモリ不足を解消する
  11. HDDからSSDに換装する

パソコンの起動が遅いと感じたら、まずは出来る対策から取り組んでいきましょう。

対策に取り組んだ分だけ、パソコン環境が快適になるのを実感していけると思います。

スポンサーリンク