ParallelsとBootCampどっちを選ぶべき?違いを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩めるクマ

ParallelsとBoot Campってどっちがいいの?
ParallelsとBoot Campの違いがわからない

このような悩み・疑問を解決します。

結論からお伝えすると、M1/M2チップ搭載のMac利用者は、Boot Campを利用できません。

MacでWindowsを使いたい方は、【Parallels】を利用しましょう。

当記事を読むと「Parallels」と「Boot Camp」について、次のことがわかります。

  • ParallelsとBoot Campの違い・特徴が理解できる
  • ParallelsとBoot Campのメリット・デメリットがわかる
  • ParallelsとBoot Campどちらを選べば良いか明確になる
しろくま

それでは順番に解説します。

目次

ParallelsとBoot Campの違い・特徴

Parallelsとは?

Parallels Desktop for Mac

Parallels(パラレルス)は、アメリカのソフトウェア会社になります。

Parallels Desktop for Mac」という有償の仮想化ソフトを提供していて、高い互換性・軽快な動作でWindowsを利用できます。

MacでWindowsを動かすなら「Parallels」といっても過言ではない程、使い勝手が良く間違いのないソフトです。

Boot Campとは違い、MacOS内にWindows環境を用意できる為、MacとWindowsの行き来がスムーズに行えるのが特徴です。

現状、M1チップ搭載のMacに対応している、仮想化ソフトはParallels製品のみとなります。

\ 全機能14日間無料 /

Boot Campとは?

BootCamp

Boot Campは、Appleが無償提供しているソフトウェアになります。

Boot Campを利用すると、MacとWindowsを切り替えて操作できます。

Parallelsのような仮想化ソフトとは違い、MacOSとは別パーティションにWindowsOSを作成することになります。

Boot Campでは、MacとWindowsを同時起動できないので、お互いのOSを行き来できませんが、Macが持つ性能を最大限引き出せるのが特徴となります。

ParallelsとBoot Campのメリット・デメリット比較

Parallels DesktopとBoot Camp、それぞれのポイントを書き出しました。

メリットのある方を緑色でマークしています。

Parallels DesktopBoot Camp
価格
パフォーマンス
互換性
対応OS/モデル
必要ストレージ
セットアップ
CPU対応状況
使いやすさ×
しろくま

Parallels Desktopはバランス良い採点となりましたが、Boot Campにもメリットのある部分があります。
それぞれの項目について、一つずつ詳しく解説します。

価格

Parallelsは有償、Boot Campは無償で提供されています。

尚、Parallels Desktopのエディションと価格は、次のようになっています。

Parallels Desktop for Macのエディションと価格

  • Standard Edition:9,818円(単発購入)または8,345円 / 年(サブスク)
  • Pro Edition:9,818円 / 年(サブスク)
  • Business Edition:9,818円 / 年(サブスク)

「Standard Edition」を利用すれば、基本的な動作は問題ありません。

尚、サブスクはアップグレード対象、単発購入はアップグレード対象外になります。

Parallelsでは、全ての機能を14日間無料で利用できる「トライアル版」をダウンロードできます。

購入前に検証してみてはいかがでしょうか。

\ 全機能14日間無料 /

Parallels DesktopBoot Camp
価格

パフォーマンス

Parallels Desktopのパフォーマンスは優れていますが、Mac上でWindowsを起動する為、Boot Campと比べるとパフォーマンスは落ちます。

Windowsのみ起動するBoot Campなら、Macが持つ性能を最大限発揮できます。

特にマシンへの負荷が高い、「3Dゲーム」「動画編集」などでパフォーマンスの差が現れます。

インターネット、メール、資料作成程度であれば、大差なく使えるので、用途に合わせて選択しましょう。

Parallels DesktopBoot Camp
パフォーマンス

互換性

Parallels Desktopは仮想ソフト上でWindowsを実行しているので、Boot Campに比べると互換性の問題が出ることがあります。

但しそういった問題にも、アップデートで修正・対応するなどされています。

特に、Appleから新たなMacOSが出た時は、様子見した後に適用することをオススメします。

Parallels DesktopBoot Camp
互換性

対応OS/モデル

Boot Campでは、intelチップのモデルをサポートしています。

MacBook (2015 年以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2012 年以降に発売されたモデル)
MacBook Pro (2012 年以降に発売されたモデル)
Mac mini (2012 年以降に発売されたモデル)
iMac (2012 年以降に発売されたモデル)
iMac Pro (全モデル)
Mac Pro (2013 年以降に発売されたモデル)

引用元:Boot Camp アシスタントで Mac に Windows 10 をインストールする

Parallels Desktop 17 for Macでは、下記OSをサポートしています。

  • Monterey 12
  • Big Sur 11
  • Catalina 10.15
  • Mojave 10.14
  • High Sierra 10.13

該当のモデルやOSを確認して、導入を検討しましょう。

Parallels Desktop Boot Camp
対応OS/モデル
Parallels DesktopBoot Camp
対応OS/モデル

必要ストレージ

Parallels DesktopとBoot Camp、それぞれ必要となるストレージ容量を比較してみます。

  • Parallels Desktop:600MB〜(※Windows10の場合16GB以上)
  • Boot Camp:128GB以上

Boot Campを利用する場合、Macに64GB以上の空き領域を確保しつつ、Windows側のパーティションに128GB以上を割り当てるのが望ましいとのこと。

Mac に最低 64 GB の空き領域があればインストールできますが、128 GB 以上の空き領域を確保しておけば、快適に利用できます。Windows の自動アップデートには、それ以上の容量が必要になります。

引用元:Boot Camp アシスタントで Mac に Windows 10 をインストールする

Parallels Desktopであれば、必要となるストレージ容量は少なくて済みます。

Parallels DesktopBoot Camp
必要ストレージ

セットアップ

Boot CampでWindowsをセットアップする場合、

  1. Windowsのイメージファイルをダウンロード
  2. Windows用のパーティションを作成&フォーマット
  3. Windowsをインストール

という流れで環境を構築していきます。

Parallels Desktopなら、インストーラーをダウンロードして実行するだけで、簡単にWindows環境を用意できます。

Parallels DesktopBoot Camp
セットアップ

CPU対応状況

Macに搭載されているCPUは、intelとApple M1チップの2種類があります。

ここで注意したいのが、「Apple M1チップ」の対応です。

  • Paralles Desktop:intel製及びApple M1/M2チップ対応
  • Boot Camp:intel製CPU対応、Apple M1/M2チップ非対応

Boot Campは、Apple M1/M2チップに対応していません。

最新型のMacを購入した方は、Parallels DesktopでしかMacでWindowsを動かせないので注意が必要です。

Parallels DesktopBoot Camp
CPU対応状況

使いやすさ

Boot CampではWindowsを起動する為に、Macを再起動する必要があります。

Parallels Desktopでは、再起動なしでMacとWindowsを行き来できたり、ファイルをOS間で共有するのも簡単に行えます。

使い勝手の良さを重視するなら、Parallels Desktopが最適です。

Parallels DesktopBoot Camp
使いやすさ×

【結論】Parallels・Boot Campはこんな人におすすめ

MacでWindowsを使う方法として、代表的な「Parallels Desktop」と「Boot Camp」をご紹介しました。

どちらを選ぶべきか、当記事では次のように内容をまとめました。

Parallels Desktopがおすすめな人Boot Campがおすすめな人
有償でも使いやすさ重視
簡単にセットアップしたい
インターネット、メール、資料作成がメイン
intelまたはM1/M2チップ搭載Mac使用可
ストレージ空き容量が128GB以下
MacとWindowsを行き来したい

\ 全機能14日間無料 /

無償で利用したい
パフォーマンス重視
3Dゲームや動画編集を利用
intelチップ使用(M1/M2チップ搭載Mac使用不可)
ストレージ空き容量が128GB以上
MacとWindowsの切り替え頻度は少ない

いかがでしたでしょうか?

製品の仕組み・特徴・機能を理解すれば、自ずと選ぶべき環境が見えてくると思います。

当記事が、最適なWindows環境を選択できる参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次