【GRCからRank Trackerへ】乗り換えた7つの理由

悩めるクマ
GRCかRank Trackerで迷っている
GRCとRank Trackerどっちが良いの?

こんな悩み・疑問を解決します。

しろくま
結論からお伝えすると「GRC」と「Rank Tracker」は、それぞれ次の方にオススメの製品です。
ブログ初心者の方
費用をなるべく抑えたい
キーワード登録と検索順位が把握できれば良い
Windowsユーザー
ブログ初心者〜上級者の方
無料のキーワードプランナーより、具体的な検索ボリュームを知りたい
キーワードツール連携後に、キーワード登録したい
関連キーワード提示機能を使いたい
SEO対策に本腰を入れて取り組みたい
Macユーザー
しろくま
当ブログでは1年目にGRC、2年目にRank Trackerと、両方のツールを使用してきました。
GRCからRank Trackerへ乗り換えた理由や、GRCにない便利機能をご紹介します。
スポンサーリンク

GRCからRank Trackerへ乗り換えた7つの理由

GRCからRank Trackerへ乗り換えた7つの理由
しろくま
GRCからRank Trackerへ乗り換えた7つの理由をまとめました。

GRCからRank Trackerへ乗り換えた7つの理由

  • 【理由1】Macの最新OSでGRCを起動できない
  • 【理由2】同程度のプランなら価格差はあまりない
  • 【理由3】検索順位チェック以外の機能も充実
  • 【理由4】デザイン・設計が優れている
  • 【理由5】キーワードの検索ボリューム数が具体的
  • 【理由6】キーワードツールと連携後、キーワード登録できる
  • 【理由7】関連キーワードを提示してくれる
しろくま
【理由1〜4】は導入前の乗り換え理由、
【理由5〜7】は導入後に気付いた、GRCにない便利機能をまとめています。
それでは順番に解説します。

【理由1】Macの最新OSでGRCを起動できない

不注意が招いた出来事でしたが、MacのOSアップデートをきっかけに、GRCを起動できなくなりました。

暫く、Windowsへデータ移行してGRCを利用しましたが、メイン機(Mac)で使えない不便さを払拭できず、検索順位チェックツールを選定し直すことに。

そこで候補に浮上したのが、Windows・Mac両方に対応した「Rank Tracker」

Rank Trackerなら、PC環境に左右されず、またMacに完全対応しているので、OSアップデート後も安心して利用できます。

Rank Trackerへのインストールは、下記記事が参考になります。

【理由2】同程度のプランなら価格差はあまりない

GRCとRank Trackerで同程度のプランを比較した際、価格差はほぼありませんでした。

Rank Tracker
(プロフェッショナル)
GRC
(プロ)
URL登録無制限5,000
キーワード登録無制限500,000
スマートフォン検索順位チェック料金に含まれる別途料金が発生
キーワードツールとの連携×
料金(年間)16,451円+税($149)
※2021年8月13日 現在
19,800円

しかしながら、見落としがちなのが「スマートフォン検索順位チェック」の利用です。

GRCは別途ライセンス費用が発生するのに対し、Rank Trackerでは料金に含まれている違いがあります。

「スマートフォン検索順位チェック」を含めて考えると、Rank Trackerが優位になります。

【理由3】検索順位チェック以外の機能も充実

価格が同程度の場合、機能面を重視することになります。

そこで、Rank Trackerの特徴を確認してみます。

Rank Trackerの製品特徴

プロフェッショナル版には、検索順位チェックツールとして必要な機能が備わっています。

また【理由5〜7】で解説する、GRCにない便利機能は、プロフェッショナル版で使えるものばかり。

ブログ初心者〜上級者まで、SEO対策を後押しする機能が充実しています。

【理由4】デザイン・設計が優れている

Rank Trackerは、GRCよりデザイン性や利用者設計も優れていると感じます。

Rank Trackerのデザイン・設計
一目でキーワードの状態を確認できます。スニペット表示対応も嬉しいポイント!

デザイン・利用者設計が悪いと、「見やすさ」「使いやすさ」「直感的な操作」などを損なうことになり、利用する上でストレスを感じますし、魅力も半減します。

Rank Trackerを利用してみて感じるのは、UI/UXに力を注いでいるのではないかということ。

検索順位チェックは毎日使うツールなので、納得できる製品を選んで、モチベーションに繋げるのは大事な要素だと考えます。

【理由5】キーワードの検索ボリューム数が具体的

SEO対策を意識する上で、キーワードの検索ボリューム数を把握しているのと、把握していないのとでは、戦略に大きな影響をもたらします。

しかしながら、Google「キーワードプランナー」を無料で使っていては、検索ボリューム数がアバウトで困る場面がしばしば。

例えば「wordpress ブログ 始め方」というキーワードについて、検索ボリューム数を確認します。

Googleキーワードプランナーでは「1000〜1万」という結果が出ました。

無料キーワードプランナーの検索ボリュームの見え方

Rank Trackerでは「1,570」という結果が出ました。

Rank Trackerの検索ボリュームの見え方
Rank Trackerの検索ボリューム数は、末尾が10の単位まで分かる!

キーワードプランナーを有料で使う程の精度はないかもしれませんが、検索ボリューム数の指標が分かるのは、大きなアドバンテージになると考えます。

また、Rank Trackerの検索ボリューム数は「10」の単位まで分かるので、具体的な数字を掴むことができます。

【理由6】キーワードツールと連携後、キーワード登録できる

Rank Trackerなら、Googleの「サーチコンソール」や「アナリティクス」含め、20のキーワードツールと連携できます。

尚、連携したキーワードはそのまま、検索順位追跡用のキーワードとして登録できます。

キーワードツールと連携後、検索順位追跡用キーワードを登録
キーワードの[>>]→[ランクトラッキングに移動する]で検索順位を追跡できます

連携済みのツールからキーワード登録できることで、次の効果がありました。

  • あちこち画面を切り替える必要がなくなる
  • キーワード登録を簡素化できる
  • 連携したキーワードを検索順位追跡できる
  • 総じて時間の節約に繋がる

単なる連携に留まらない、利便性が高い機能なので、Rank Trackerで積極的に使っていくことをオススメします。

【理由7】関連キーワードを提示してくれる

Rank Trackerでは、検索したキーワードに対して、関連キーワードを提示できます。

「ブログ 始め方」で関連キーワードを検索した結果
「ブログ 始め方」で関連キーワードを検索した結果

関連キーワードを提示してくれるメリットとして、

  • 見落としていたキーワードの発見
  • 自分で思いつかなかったキーワードの発掘
  • カテゴリー強化
  • ネタ切れ回避

など、あらゆるヒントが得られるのではないでしょうか。

まとめ:Rank Trackerは単なる検索順位チェックツールではない

Rank Trackerは単なる検索順位チェックツールではない

今回は「GRCからRank Trackerへ乗り換えた7つの理由」をご紹介しました。

GRCからRank Trackerへ乗り換えた7つの理由

  • 【理由1】Macの最新OSでGRCを起動できない
  • 【理由2】同程度のプランなら価格差はあまりない
  • 【理由3】検索順位チェック以外の機能も充実
  • 【理由4】デザイン・設計が優れている
  • 【理由5】キーワードの検索ボリューム数が具体的
  • 【理由6】キーワードツールと連携後、キーワード登録できる
  • 【理由7】関連キーワードを提示してくれる

Rank Trackerは、SEO対策を強化する為の仕掛けが様々あり、一歩進んだ検索順位チェックツールになっています。

ブログ1年目で初心者の頃は、GRCを利用していましたが、SEO対策や戦略に必要な材料が揃う「Rank Tracker」を使いこなせば、勝率が上がるのではないかというのが、両方のツールを使った正直な感想です。

「GRC」と「Rank Tracker」は、どちらも優れた検索順位チェックツールになっています。

当記事が「GRC」と「Rank Tracker」で迷われている方の、一助になれば幸いです。

ブログ初心者の方
費用をなるべく抑えたい
キーワード登録と検索順位が把握できれば良い
Windowsユーザー
ブログ初心者〜上級者の方
無料のキーワードプランナーより、具体的な検索ボリュームを知りたい
キーワードツール連携後に、キーワード登録したい
関連キーワード提示機能を使いたい
SEO対策に本腰を入れて取り組みたい
Macユーザー
\ ブログ初心者〜上級者におすすめ! /

検索順位チェックツール
「Rank Tracker」のダウンロードはこちら

スポンサーリンク