Windows11へアップグレードできる?PC正常性チェックアプリで診断

悩めるクマ
自分のPCがWIndows11にアップグレード出来るか確認したい
システム要件を満たしてなくても、Windows11へアップグレードできるの?

このような悩み・疑問を解決します。

当記事では、次の2点について解説しています。

  1. Windows11にアップグレード可能か診断する方法
  2. システム要件を満たしていないPCで、Windows11へアップグレードできる条件
しろくま
それでは順番に解説します。
スポンサーリンク

①Windows11にアップグレード可能か診断する方法

Microsoftが提供している「PC正常性チェックアプリ」なら、Windows10からWindows11にアップグレードできるPCか簡単に診断できます。

「PC正常性チェックアプリ」をインストールする

「PC正常性チェックアプリ」を使うには、下記ページにアクセスします。

「PC正常性チェックアプリ」はこちら

「PC 正常性チェック アプリのダウンロード」をクリックします。

PC 正常性チェック アプリをダウンロードする

ダウンロードした「WindowsPCHealthCheckSetup.msi」を実行します。

WindowsPCHealthCheckSetup.msiを実行
[☑︎使用許諾契約書に同意します(A)]にチェックを入れて、[インストール]をクリックします。

PC正常性チェックアプリをインストール

インストールが終わるのを待ちます。

PC正常性チェックアプリ インストール中

PC正常性チェックがインストールされたら、[完了]をクリックします。

PC正常性チェックアプリのインストール完了

「PC正常性チェックアプリ」で診断する

PC正常性チェックを起動して、[今すぐチェック]をクリックします。

PC正常性チェックアプリで今すぐチェック

システム要件を満たしていないと、次のような結果が表示されます。

PC正常性チェックアプリで、システム要件を満たしていない結果
[すべての結果を表示]をクリックすると、クリアしたチェック内容含め確認できます。

PC正常性チェックアプリの全ての結果を表示

Windows11の最小のシステム要件は、次のようになっているので、改めて確認してみて下さい。

Windows11の最小のシステム要件

システムの最小要件
プロセッサ1ギガヘルツ(GHz)以上で、2コア以上の64ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4ギガバイト(GB)
ストレージ64ギガバイト(GB)以上
システム ファームウェアUEFI、セキュアブート対応
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)バージョン2.0
グラフィックスカードDirectX12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応
ディスプレイ対角サイズ 9インチ以上で、8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイ
インターネット接続インターネット接続が必要
MicrosoftアカウントMicrosoft アカウントが必要

②システム要件を満たしていないPCで、Windows11へアップグレードできる条件

しろくま
「PC正常性チェックアプリ」で残念な結果が出た方、まだ諦めるのは早いですよ。

条件付きになりますが、システム要件を満たしていないPCでも、ディスクイメージ(ISOファイル)を用いたインストールであれば、Windows11へアップグレード可能です。

尚、ここであげている条件とは「TPM」と「CPU」のこと。

ディスクイメージ(ISOファイル)からインストールすると、TPMとCPUのチェック条件が緩和されるんです。

重要:  Windows 11のイメージインストールでは、TPM 2.0(少なくともTPM 1.2が必要)およびCPUファミリとモデルの要件はチェックされません。

引用元:Windows11をインストールする方法

ディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロードはこちら

また、TPMのチェックをパスする為に、インストール前に下記レジストリキー値を作成する必要があります。

・マイクロソフトは、Windows11の最小システム要件を満たしていないデバイスにWindows11をインストールしないことをお勧めします。これらの要件を満たさないデバイスにWindows11をインストールすることを選択し、リスクを認識して理解している場合は、次のレジストリキー値を作成し、TPM 2.0(少なくともTPM 1.2が必要)のチェックをバイパスできます。 CPUファミリとモデル。
・レジストリキー:HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ Setup \ MoSetup
・名前:AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU
・タイプ:REG_DWORD
・値:1

注:レジストリエディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。これらの問題により、オペレーティングシステムの再インストールが必要になる場合があります。マイクロソフトは、これらの問題が解決できることを保証できません。ご自身の責任でレジストリを変更してください。

引用元:Windows11をインストールする方法

システム要件を満たさないPCに、Windows11のインストールは推奨されていませんが、どうしてもという場合は、上記方法を試すことで、Windows11をインストールできます。

悩めるクマ
システム要件を全てクリアしていなくても、Windows11をインストールできるパターンもあるんだね。
設定変更・インストール前に、バックアップを取ることをお勧めします。

まとめ

今回は、自分のPCがWindows11へアップグレード出来るのか?について、下記2点の内容をご紹介しました。

  1. Windows11にアップグレード可能か診断する方法
  2. システム要件を満たしていないPCで、Windows11へアップグレードできる条件

『Windows11にアップグレード出来るのか?』と、悩んでいた方のお役に立てましたら幸いです。

Windows11へアップグレードできる!と確認できた方は、アップグレード前に必ずデータのバックアップを取りましょう。

ぜひ準備万端で、Windows11のアップグレードに臨んで下さいね。

スポンサーリンク