ConoHa WINGとConoHa VPSの違いを徹底解説

悩めるクマ
ConoHa WINGとConoHa VPSの違いって何?
どちらのサービスを選べば良いの?

こんな悩み・疑問を解決します。

当記事を読むと、次のことがわかります。

  • ConoHa WINGとConoHa VPSの違い・特徴
  • ConoHa WINGとConoHa VPSサーバー性能の違い
  • ConoHa WINGとConoHa VPS料金プランの違い
  • ConoHa WINGがおすすめな人
  • ConoHa VPSがおすすめな人
しろくま
それでは順番に解説していきます。
スポンサーリンク

ConoHa WINGとConoHa VPSの違い・特徴

しろくま
まずは「ConoHa WING」と「ConoHa VPS」、それぞれの違いや特徴をご紹介します。

ConoHa WINGとは?

国内最速のレンタルサーバーConoHa WING

ConoHa WINGは、VPSサービスの優れた性能を受け継いだ共用サーバーになります。

専門的な知識を必要とせず、簡単操作でブログやホームページを始めることができます。

ConoHa WINGの特徴

ConoHa WINGの特徴は次の通りです。

処理速度国内No.1の高速レンタルサーバー
 最新の高性能サーバーで安定性に優れている
かんたんにWordPressサイトを開設・移行できる
 ドメイン2つ無料

 毎日の自動バックアップで安心・安全
 コスパ・性能・使い心地どれを選んでも満足度が高い

ConoHa VPSとは?

豊富なテンプレートイメージと高速SSD搭載のConoHa VPS

ConoHa VPSは、共有サーバーに管理者権限が付与された仮装専用サーバーになります。

管理者権限が付与されているので、サーバーに好きなOSやソフトをインストールして、思い通りの環境をサーバー内に構築できます。

専用サーバーのように自由に利用出来る反面、サーバー構築の知識やコマンド操作など、専門的な知識や技術を要する場面もあることから、上級者向けのサービスになっています。

ConoHa VPSの特徴

ConoHa VPSの特徴は次の通りです。

 サーバー構築を自由にできる
 最新の高性能サーバーで安定性に優れている
 OS・アプリケーションテンプレートでサーバー構築できる
世界最速級のWordPress「KUSANAGI」を利用できる

 マイクラなどマルチサーバーを構築できる
週1回の自動バックアップで3世代管理(※512MBプランは利用不可)

ConoHa WINGとConoHa VPSサーバー性能の違い

「ConoHa WING」と「ConoHa VPS」のサーバーの基本性能について、違いを表にまとめてみました。

ConoHa WINGConoHa VPS
サーバー共有サーバー仮装専用サーバー
OSCloudLinuxCentOS / Oracle Linux / Ubuntu / Debian / FreeBSD / Fedora / openSUSE / Arch Linux / NetBSD / OpenBSD / AlmaLinux / Rocky Linux
アプリケーション×ArchiveBox / Assetto Corsa / baserCMS / Cacti Nagios / concrete5 / CS:GO / Django / Docker / Dokku / Drupal / Factorio / GitLab / ISUCON7 / ISUCON8 / Jenkins / Jitsi Meet / Joomla / かんたんKUSANAGI / LAMP(PHP) / Laravel / LEMP(PHP) / Mastodon / Matomo / Mattermost / MediaWiki / Metabase / Minecraft JAVA版 / Minecraft 統合版 / MIRACLE ZBX / MongoDB / Node.js / ownCloud / Redis / Redmine / Ruby on Rails / テラリア / Webmin / WordPress(KUSANAGI) / Zabbix / 7 Days to Die
DB(データベース)MySQLMariaDB(別途契約が必要)
WordPressかんたんセットアップ×
WordPressかんたん移行×
メール別途契約が必要

ConoHa WINGは、ブログを開設して素早く運用できる機能が最初から備わっています。

ConoHa VPSでは、設定の自由度が高い分、自身で環境を構築してからでないとスタートを切れません。

但しConoHa VPSに限り、世界最速のWordPress環境「KUSANAGI」を利用できます。

ConoHa WINGとConoHa VPS料金プランの違い

ConoHa WINGでは、「通常」と「WINGパック」の2種類のプランが用意されています。

レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった「WINGパック」が断然お得です。

初心者の方は、月額828円から利用できる「ベーシック」を利用すれば間違いありません。

WINGパック36ヶ月の料金プラン

ConoHa VPSでは、「通常」と「VPS割引きっぷ」の2種類のプランが用意されています。

3ヶ月以上の利用なら通常料金よりも最大17%お得になる「VPS割引きっぷ」がお得です。

VPS割引きっぷ36ヶ月の料金プラン

ConoHa WINGがおすすめな人

ConoHa WINGは、次の方におすすめのサービスと言えます。

 ブログを簡単に始めたい初心者の方
 他社レンタルサーバーから簡単に乗り換えたい
 とにかく速いサーバーを求めている
 ドメインとサーバーを一括管理したい
コスパ・性能・使い心地を重視したい
しろくま
当ブログも「ConoHa WING」を利用しています。
実際に使用した感想をまとめているので、迷われている方は下記記事を参考にしてみて下さい。

おすすめ関連記事

ConoHa WINGのメリット・デメリットを解説【1年使った感想と評価】

ConoHa VPSがおすすめな人

ConoHa VPSは、次の方におすすめのサービスと言えます。

 サーバーを自由にカスタマイズしたい
 多数のOSやアプリケーションを使ってみたい
世界最速級のWordPress環境「KUSANAGI」を利用したい
マイクラなど、ゲーム用のマルチサーバーを立てたい
開発・テスト環境の為に短期間利用したい

まとめ:ConoHa WINGとConoHa VPSの違い

しろくま
ConoHaが提供している「ConoHa WING」と「ConoHa VPS」の違いを解説しました。
最後に、大事なポイントをおさらいしておきましょう。
 ConoHa WINGは「共有サーバー」
 WordPressサイトを素早く開設できる
 ブログを簡単に始めたい初心者の方におすすめ
 ドメインとサーバーを一括管理できる
 「WINGパック」のコスパが優れている
 ConoHa VPSは「仮装専用サーバー」
 サーバー構築を自由にできる
世界最速級のWordPress環境「KUSANAGI」を利用できる
マイクラなど、ゲーム用のマルチサーバーを立てられる
 長期利用なら「VPS割引きっぷ」がお得
しろくま
利用シーンに合わせて、最適なサービスを選んでみて下さいね。
\WINGパックで月額828円〜/
ConoHa WING 公式サイトはこちら
ブログ初心者におすすめ!


\初期費用無料/
ConoHa VPS 公式サイトはこちら
サーバー環境を自由に構築したい上級者向け!

ConoHa WING 「Early Summer キャンペーン」開催中

ConoHa WING Early Summer キャンペーン

 今だけ限定!初期費用無料

 WINGパック「ベーシックプラン」全契約期間がお得!月額828円〜

 独自ドメインが2つ永久無料!

 ConoHa WINGの特徴

  1. 国内で一番速いレンタルサーバー
  2. WordPressサイトをすぐに開設できる
  3. サーバーとドメインがセットになってお得
  4. 初心者でも安心の機能
  5. 他社からの移行も簡単

\国内最速レンタルサーバー/
ConoHa WING(コノハウィング)公式サイト
「Early Summer キャンペーン」詳細はこちら

スポンサーリンク